« 第2話 サイン(1) | Main | 第3話 ジョブディスクリプション »

April 20, 2005

第2話 サイン(2)

 サインといえば、ちょっとした部下との打ち合わせでも、部下は必ずメモを書いてサインしてくれと言ってくる。これは上下のコミュニケーションの中でも日本にはないスタイルだ。日本では、お互い話に納得したあとで、会議の議事録は別として、「あなた、こう言いましたよね。」とサインをやり取りするということは殆どない。
これには随分やられた。よほどしっかりした原則を自分自身固めておかないと、発生する事態は様々な形で起こるので判断の基準がケースバイケースでぶれてしまい、「あの時はこう言いましたよ」と切り返されてしまうのだ。日本では、部下は変だなと思っても、阿吽の呼吸で飲み込んでしまうところだろう。この手のメモにサインをしたときはコピーをとって持っていた方がよい。
 私のサインはイニシャルをちょっとアレンジしたもので自分では結構気に入っている。使わないとかけなくなってしまうので、国内にいる今でも仕事の確認書類等はこのサインを使っていて、周囲からの評判も悪くない。

|

« 第2話 サイン(1) | Main | 第3話 ジョブディスクリプション »

Comments

はじめまして、同じブログピープルから飛んできました。

今後ともよろしくお願い致します。
是非一度私のブログに遊びに来てくださいね!

同じフィリピンのブログを書いています。

Posted by: @ババエロ | April 21, 2005 at 02:02 AM

ババェロさん、こんにちは。訪問有難うございます。ババェロさんのHP、ブログ、充実してますね。今後とも宜しくお願いします。

Posted by: 管理人 | April 21, 2005 at 01:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/3779490

Listed below are links to weblogs that reference 第2話 サイン(2):

« 第2話 サイン(1) | Main | 第3話 ジョブディスクリプション »