« 第21話 もうひとつの戦後 at コレヒドール | Main | 第21話 もうひとつの戦後3(U氏の場合) »

June 29, 2005

第21話 もうひとつの戦後2(マンダリヨンの駐屯地)

 空港で出迎えてくれたU氏はマニラ日系人会会長の息子さん(今は彼が会長:理由は後述)だ。ガッチリした体格で見るからに頼もしい24歳の青年である。今は海上警備隊の将校である。完璧な日本語を話し、敬語の使い方や相手を思いやる表現など、最近の日本の若年層が悲しいことに霞んで見えてしまう。国家警察の同僚2名が付き添いで友情出演してくれた。RさんとMさん(女性)は例により愛想のいい見るからに典型的なフィリピン人だ。我々乗せた車両は警察のクルマだ。赤色灯をつけサイレンを鳴らしながら周囲のクルマを蹴散らして走って行く。我々はVIPでも何でもないが、何か爽快な気分になってしまった。
 我々は早速マンダリヨンというマニラ東部のエリアに向かった。目的は日本軍が駐屯していた跡地がどのようになっているのかを見に行くためだ。A氏の兄は海軍の気象部に属し、数ヶ月間マンダリヨンにあった駐屯地に滞在していたことがはっきりしていて、是非兄の足跡を辿りたいという強い希望を持っていた。
 マンダリヨンは住宅やら雑多な建築物で埋められていて、それらしい建物は今は見当たらないとU氏は事前に知らせてくれていたが、彼は当時あった臨時の滑走路を想定し、さらに周辺の地形から、この辺りに違いない、と特定していた。そこまで彼は事前のスタディをしていたのだ。彼は言った。「母からはこう言われています。遠くから60年ぶりの肉親の慰霊に来られるのだから、充分な応対をしなさい、と。」彼が探し当てた地点は草むらの荒地であったが、比較的近くにマカティのビル群を見渡せる。A氏もきっと兄はこの辺りを歩いたに違いないと納得した。近くでは物珍しさからか地元の子供たちがどこからともなく集まり、我々に愛嬌を振りまいている。付近の人の間でも過去のことは風化しているのだろう。

|

« 第21話 もうひとつの戦後 at コレヒドール | Main | 第21話 もうひとつの戦後3(U氏の場合) »

Comments

I know this web site gives quality based content and extra material, is there any other web site which provides these things in quality?

Posted by: Free Music Downloads Sites | April 04, 2015 at 05:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/4758265

Listed below are links to weblogs that reference 第21話 もうひとつの戦後2(マンダリヨンの駐屯地):

« 第21話 もうひとつの戦後 at コレヒドール | Main | 第21話 もうひとつの戦後3(U氏の場合) »