« 第23話 G♂氏の場合 | Main | 第23話 G♂氏の場合(その3:被害者が来た »

July 20, 2005

第23話 G♂氏の場合(その2:交通事故)

 どうやらこんなことのようだ。夜中にマンダウェの大通りを運転中に、横から飛び出して来た自転車のトライシクルと接触した。その弾みでトライシクルは横転し、運転していたおじさんももんどり打って地面に転がった。
「今どこだ?」
「ブリッジからタランバンに向かう途中です。いつの間にか大勢のギャラリーにまで囲まれてます。」
「じゃ、今から出よう。」
「あっ、でも大丈夫そうです。おじさんも怪我は大したことなさそうだし、もう、トライシクルを起こして、壊れてないかを見ています。金もあるし、もし揉める様なら、また電話しますから、その時は来てくださいね。」
 30分くらいして彼は帰ってきた。
「いやー、一時はどうなるかと思いましたけど、無事に何とかなりました。おじさんも結構ひどい擦り傷だったけど、それよりも彼はトライシクルの方を心配そうに触ってました。」
「で、結局いくらかかったんだい?」
彼は満面の笑顔で、
「笑っちゃいますよ、いくらだと思いますうー?要求してきたのはたったの300ペソですよ!300!トライシクルの修理代と言ってました。だから僕は財布から300ペソを出そうとしたんです。そうしたら、ポロッと500ペソも一緒にくっついて飛び出てこぼれちゃって、ギャラリーがそれも出せ、それも出せ!って大合唱するから、しょうがないからそれもあげちゃいました。それでも800ペソですからね。いいんでしょうかね?こんな金額で。」
と、ほっとした気持ちもあってうれしそうなG♂氏。
「ところで、会社と名前は言った?」
「何かあったときのために、一応名刺は渡しておきました。」
「そりゃ、近いうちに会社にくるんじゃない?」
「えーっ、会社に?そうなんですか?」
急に彼の顔から笑顔が消えたことは言うまでもない・・・

|

« 第23話 G♂氏の場合 | Main | 第23話 G♂氏の場合(その3:被害者が来た »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/5064052

Listed below are links to weblogs that reference 第23話 G♂氏の場合(その2:交通事故):

« 第23話 G♂氏の場合 | Main | 第23話 G♂氏の場合(その3:被害者が来た »