« 第34話 フィリピンのヘンな銭湯 | Main | 第36話 セブの台風 »

August 28, 2005

第35話 焼売ならゴールデンシティ!

 先日、冷凍食品のシュウマイを食べながら、なんで日本のシュウマイってこんなに不味いのだろう、と不思議に思った。似たようなものでも、餃子ではこれでもか、と言わんばかりに進化を遂げこだわりの一品が登場してくるのに、可哀想なくらいシュウマイにはその兆候が見られない。そう思いながら、思い出すのはセブで食べたシュウマイたち。
「ゴールデンシティ」というチャイニーズレストランは州庁舎からオスメニアサークルに向かう中ほどにあるのだが、お世辞にも高級そうな店構えでなく、外からでは中華料理店のようにすら見えない。そのせいかそこでは日本人客に出会ったことも殆どなかった。
 さてシュウマイ。その当時デジカメを持っていなかったので写真がなくて恐縮だが、見るからに美味しそうなのだ。ワゴンに蒸篭を乗せてウェイターが客のテーブルを廻って売りに来る。何種類もあるので、客は蓋を開けて中を見て気に入ったらその蒸篭を取る。好みでホットソースをチビチビつけながら食べるが、とにかく美味しいのだ。日本のシュウマイは中身の餡がやたらペースト状態に誤魔化されていて、しかも余分な香辛料がかえって食欲を減退させる。其れに引換え、ここのは粗引きの豚肉で歯ごたえもよく、中華風のスープの味も閉じ込められていて、日本のものとは全然違うのだ。日本からの客人を何人となくここに連れて行ったが、誰もが「今まで食べたシュウマイの中でここのが一番旨い!」と言うではないか。蒸篭ひとつに大粒のものが3個か4個入っていて、たしか25ペソくらいだった。普通の中華料理のメニューもあり、これでもか、というくらい食べて飲んでひとり300ペソ以下だったと記憶している。
 暫く行ってないので、以前のままその店があるのかどうかわからないが、思い出した以上、今日にでも飛んでいって、あの、肉汁たっぷりの旨いシュウマイを食べたい!

|

« 第34話 フィリピンのヘンな銭湯 | Main | 第36話 セブの台風 »

Comments

あ、読んでいるだけでよだれが…。
確かに言われてみれば日本のシュウマイって進化しませんねぇ、何ででしょう。中身がパサパサしてしかも握り込んだように詰まっていて。
噛んだ瞬間肉汁があふれ出すようなものを食べてみたいです。

Posted by: 鈴音 | August 30, 2005 at 11:43 AM

マニラのチャイニーズレストランのシュウマイも悪くなかったですよ。ですが、知る限りではゴールデンシティの方が絶対ウマイです。

Posted by: 管理人 | August 30, 2005 at 02:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/5675689

Listed below are links to weblogs that reference 第35話 焼売ならゴールデンシティ!:

» ”うなぎ”や野菜のことなど [フィリピンの真実を伝えるブログ(文化・社会・時事・政治)]
(画像をクリックすると大きな画像がポップアップします) tacchyです。 今 [Read More]

Tracked on November 21, 2005 at 06:34 AM

« 第34話 フィリピンのヘンな銭湯 | Main | 第36話 セブの台風 »