« 第38話 ジプニー(2:御萩のジプニー) | Main | 第39話 道路の渡り方 »

September 08, 2005

第38話 ジプニー(3)

 フィリピンで運転していてムカつくものの代表格がジプニーの運転マナーだ。彼らには車線という概念がそもそも存在しない。グラウンドを走っているようなもので、スペースがあればどこを走っても構わないと思っている。記憶ではウィンカーを点滅するジプニーなど見たことがない(タクシーの場合、たまにウィンカーを出すクルマがある)。ウィンカーの代わりと言っては何だが、荷台の後ろにへばりついているマネーコレクターが手や足を無作法に投げ出して、後ろのクルマに合図する。中には曲乗りのようなパフォーマンスで足を投げ出す輩もいる。jeep-a
どんな悪人面した連中かと思い、近づいて見ると、そこにあるのはやはり陽気なフィリピン人の表情だ。
 ところで、ジプニーの運転手ってみんな水色のシャツを着ていた。地元の人に聞いたら、運転手のシャツの色が水色なのは、法律でそう決まっているからだそうな。何でだろう?

|

« 第38話 ジプニー(2:御萩のジプニー) | Main | 第39話 道路の渡り方 »

Comments

Hi everyone, it's my first pay a quick visit at this web page, and article is actually fruitful for me, keep up posting these articles or reviews.

Posted by: http://mcxtoday.com/ | November 11, 2013 at 04:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/5836425

Listed below are links to weblogs that reference 第38話 ジプニー(3):

« 第38話 ジプニー(2:御萩のジプニー) | Main | 第39話 道路の渡り方 »