« 第50話 父ちゃん、仕事して! | Main | 第51話 チップ »

October 17, 2005

第50話 父ちゃん、仕事して!(2)

「お父さんは、今どうしてるんだい。」
「お父さんなら、家にいる。」
「仕事は?」
「私がここで働き始めたら、お父さんは仕事をやめた。」
「ジプニーは?」
「ジプニーはまだウチにある。」
「お父さんは病気なの?」
「いや、元気にしている。」
「そうか、じゃあ、お父さんがジプニーを運転すれば、弟の学費くらい出るじゃないか。」
「でも、私はお父さんにそんなことはいえない。」
「キミのお父さんがまずは働くことが先ではないかな。そうでないと、私がお金を貸すことはできない。」
「・・・・・・」
娘や息子が働き始めた途端に仕事をやめてしまう父親は少なくないそうだ。勿論、全てのフィリピンの男たちがそうだ、と言うわけではないが、50歳を過ぎるとリタイアを考える人は多いらしい。会社で割増をつけて早期退職を募ったときには、ある52歳のマネージャは真っ先に応じてきたものだ。フィリピン人の平均寿命が65歳あたりだから、家族の経済状況にある程度余裕があれば、仕方ないのかも。

|

« 第50話 父ちゃん、仕事して! | Main | 第51話 チップ »

Comments

子供が就職したからって…。だけど一家全員の生活が1人の子供にかかってしまっているという状況、多いみたいですね。健康で働けるのだし、自分の息子の教育費くらいはちゃんと責任を持って稼ぐのが普通ではないかと思うのですが…。

Posted by: 鈴音 | October 19, 2005 at 10:53 AM

どうも価値観がだいぶ違うみたいですね。きちんとした人達もいますが、少ないですね。尤もこの国から、いい加減さ、を取ってしまうと、特徴のない国になりますね。

Posted by: 富嶽庵 | October 19, 2005 at 12:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/6440330

Listed below are links to weblogs that reference 第50話 父ちゃん、仕事して!(2):

« 第50話 父ちゃん、仕事して! | Main | 第51話 チップ »