« 第64話 闘病生活?(2:ナース) | Main | 第64話 闘病生活?(4:食事) »

November 16, 2005

第64話 闘病生活?(3:体温)

 ナースと言っても今度は病院のナースである。「白衣の天使」とは言うが、想像していたよりは彼女たちは事務的で、やることをやったらさっさと出て行く。その彼女たちでもある物を見ると、私の部屋で足止めされるのだ。携帯電話だ。今から5年前にはそれ自体はすでに普及していたが、その当時は私が使っていたPanasonicは彼女たちの憧れだったようだ。個室なのでケータイは部屋の中ではいつでも使えるから、テーブルの上に置きっぱなしになっていたが、彼女たちは体温を測りに来ると、いつも私のケータイを手にとってはウットリと眺めていたものだ。ウットリ眺めてもらいたいのはこっちの方なのだが。
 ところで、私は入院前から微熱が続いていた。だいたい37度を少し超えるくらいである。あるとき、体温計をチェックしたナースが
「thirty-seven… Ah… OK, ordinary.」ときた。
「No! It’s not ordinary for us Japanese! My average is bellow thirty six!」
と、食い下がったが、真剣に受け止めることなく、
「No problem! Are you joking?」
と言いながら部屋を出て行ってしまった。そう、フィリピン人は平均的に体温が高いのだ。平均は37度くらいだと聞いた。いくら日本人の平均は36度だと言っても取り合わなかった。 
 グローバル化した今、地球上の全ての民族の平均体温なるデータが絶対に必要である。さもないとおちおち入院も出来ぬ。

|

« 第64話 闘病生活?(2:ナース) | Main | 第64話 闘病生活?(4:食事) »

Comments

富嶽庵さん、平均体温がフィリピン人と日本人では違うんですか?知りませんでした。
 そんなのをいちいち説明しなければならないこちらの病院には入院したくないですねえ。

Posted by: dragonfly | November 16, 2005 at 07:56 AM

誤解されそうですが、フィリピンの人の肌って暖かくないですか?

Posted by: 富嶽庵 | November 16, 2005 at 11:47 AM

今同居人にあらためて聞きましたら、普段の体温は36度ぐらいだそうです。熱があるかどうかの判断基準についても聞いて見ましたが、37度以上だと熱があるのだと言ってます。
 そのナースって、いい加減な奴だったのかもしれませんね。(笑)

Posted by: dragonfly | November 16, 2005 at 12:39 PM

なるほど、同居人の方がそう言うなら、そうかもしれませんね。37度というのは退院した後で会社の同僚に聞いたら、彼はだいたいそれくらいだと言ってました。人にもよるのかな?

Posted by: 富嶽庵 | November 16, 2005 at 12:48 PM

ご無沙汰しています・・・。
大変な思いをされましたね・・・。

体温の件ですが、現地の人は37度が平均らしいです。

この差はやはり暑い国に生まれているからそうなっているのでしょうね・・・。

Posted by: @ババエロ | November 16, 2005 at 11:25 PM

ババエロさん、お久しぶりです。
もうひとつ思い出したのですが、毛穴が開いているのか、ベタベタと汗をかかないように思います。この辺も体温と関係あるのかな?

Posted by: 富嶽庵 | November 17, 2005 at 11:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/7133680

Listed below are links to weblogs that reference 第64話 闘病生活?(3:体温):

« 第64話 闘病生活?(2:ナース) | Main | 第64話 闘病生活?(4:食事) »