« 第60話 フィリピン人の仕事振り | Main | 第61話 かばい合う(2) »

November 05, 2005

第61話 かばい合う 

 総務部長Tは直接本人に聞き取り調査をすることなく、該当部門の責任者に問いただしたようだ。まあ、組織だからそうかもしれない。
「彼は、たまたま落ちていた新聞を拾ったところをあなたに見られた、と言ってます。彼は日頃から仕事にも熱心だと、彼の上司も言っています。」
お互いをかばい合い、そして見逃してやった恩を売る、彼らの価値観の真骨頂である。間違いなく、不謹慎にも彼は製品箱に腰掛けて、新聞を広げていた。これは紛れもない事実だ。現場責任者は彼の言い分を丸呑みをするという取引をしたのだろう。
 ところで、件の総務部長もとんでもない事実を隠していた。
 そのころ、遅ればせながら現地ではコスト削減のため、間接部門でも目標を定め正社員を減らすという動きがあった。私の管轄部門でも数人のスタッフを減らさなくてはならない。正社員の何人かは製造現場に既に配置換えさせ、総務部門では穴埋めでテンポラリーに3ヶ月の契約社員(コントラクター)をを使うことになった。そして3ヶ月後にはソフトランディングで人員削減を達成するはずであった。
 ある時期から、コントラクターの女の子は姿を見せなくなった。契約期間が終わったからだろうと私は思い込んでいた。
 ところが、やがて2~3ヶ月経ってから、私はひょんなことから、外れにある警備室で彼女を見かけた。はて?なぜ彼女がここにいるのかな?会社の制服も着ているし・・・

|

« 第60話 フィリピン人の仕事振り | Main | 第61話 かばい合う(2) »

Comments

記事で書かれていること、よくありますよねー。かばいあいである内はまだ可愛げがありますが、足の引っ張り合いなどもよく見かけることですよね。

しかし続きが気になります。。

Posted by: すな | November 05, 2005 at 03:09 PM

足の引っ張り合いは、まさにクラブメンタリティですね。”バケツに何匹かの蟹を入れておくと一匹も外に逃げ出せない”出ようとする蟹の足を仲間が引っ張ります。

Posted by: 富嶽庵 | November 05, 2005 at 11:36 PM

Good replies in return of this query with firm arguments and telling everything regarding that.

Posted by: concord gold watches | November 28, 2013 at 03:40 PM

certainly like your web site but you have to take a look at the spelling on quite a few of your posts. Several of them are rife with spelling problems and I find it very troublesome to tell the truth however I'll definitely come again again.

Posted by: portable induction cooktop | January 16, 2014 at 11:48 AM

Hi to every , for the reason thzt I am genuinely eager of reading this webpage's post tto be updated daily. It consists oof fastidious material.

Posted by: asimagensprimeiro.blogspot.com | September 16, 2015 at 06:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/6900101

Listed below are links to weblogs that reference 第61話 かばい合う :

« 第60話 フィリピン人の仕事振り | Main | 第61話 かばい合う(2) »