« 第95話 昨日は休日でした? | Main | 第96話 手料理の評判(2) »

March 01, 2006

第96話 手料理の評判

 私にとって料理はどちらかというと趣味の部類に入る。フィリピンでの生活も慣れてくると、自分で食材を買い求めて作ってみたりもするようになる。そうすると、今度は自分の料理は現地のフィリピン人に美味しいと言ってもらえるだろうか、と試したくなってくるものだ。日本人が好む食べ物の中で天麩羅は彼らの大好物であることは周知であるので、普段彼らが口にしなさそうなメニュウであちらこちらで試してみた。
 彼らの家庭を訪問し、キッチンに案内してもらい、必要な鍋や釜などを用意してもらう。
キッチン周りは砂糖に引き寄せられるのか、小さな蟻が行列しているのは大体どこも同じだ。さてこの日は人材派遣会社のA社長の奥さんの誕生パーティに招待され、それならと、一品作らせてくれと頼み込んだ。
私が作ることにしたのは牛丼の具の部分である。ローカルビーフは硬いのと脂が少ないので不向きなので、少々値が張るがヨーロッパデリカで米国産の牛肉を塊で買ってきた。早速ナイフで薄切りに取り掛かる。家人達は不思議そうに私を見ている。そう、フィリピンではそれなりの生活水準の人達はメイドの仕事である台所仕事など絶対にしないのだ。私が俎板に向かい器用にナイフを操っている姿は信じられない光景なのかもしれない。そんな視線も気になるのでスライス係は途中からこの家のメイドにバトンタッチ。
フィリピン人用に甘めにするために味醂はかなり投入した。次第に匂いが立ち込めてくるせいか人が集まってくる。もうひとつの鍋では枝豆も塩茹でにしておいたので、後は少々時間をかけて煮込むだけ、となったので、右手のオタマはいつしかサンミゲルに持ち替え談笑の輪の中に入っていった。
出来上がった一品はあっという間に参加者の胃袋に納まった。食べている人達の表情からは、手前味噌ではあるが、中々の評価を戴けたようだ。お代わりをとっている人もいる。フィリピン人はライスに何かをかけて混ぜて食べるのが好きだ。牛丼はそんなスタイルにも合っているようだ。

|

« 第95話 昨日は休日でした? | Main | 第96話 手料理の評判(2) »

Comments

Does your blog have a contact page? I'm having trouble locating it but, I'd like to send you an e-mail. I've got some ideas for your blog you might be interested in hearing. Either way, great site and I look forward to seeing it develop over time.

Posted by: gold watches | November 13, 2013 at 06:54 AM

Your style is really unique in comparison to other people I've read stuff from. Thanks for posting when you have the opportunity, Guess I'll just book mark this blog.

Posted by: gold watches | December 18, 2013 at 11:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/8884959

Listed below are links to weblogs that reference 第96話 手料理の評判:

« 第95話 昨日は休日でした? | Main | 第96話 手料理の評判(2) »