« 第110話 フィリピンでの生産性(2) | Main | 第112話 タガログとビサヤ »

April 20, 2006

第111話 レイテその後

 レイテの地滑り災害もかれこれ既に2ヶ月以上が経った。一般には通行止めとなっていた峠越えの道路も既に通行できるようになったようで、A氏は被災地ギンサウゴン向かった。写真はその時の様子である。
Photo
 セブからスーパーキャットで約2時間半、オルモックには彼の弟がいる。そこから約2時間で峠を越えギンサウゴンに近づくと災害の爪あとが今だに修復できないまま残されている。
Photo_1
 写真からは現地のモニュメントで慰霊らしきことが執り行われているように見えるが、どう見ても緊張感がなさそうなところがいかにもフィリピンらしい。
Photo_2

|

« 第110話 フィリピンでの生産性(2) | Main | 第112話 タガログとビサヤ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/9674481

Listed below are links to weblogs that reference 第111話 レイテその後:

« 第110話 フィリピンでの生産性(2) | Main | 第112話 タガログとビサヤ »