« 第112話 タガログとビサヤ | Main | 第114話 お風呂 »

April 25, 2006

第113話 マナー

 電車に乗っていると、相変わらず携帯電話の電源をどうしろ、マナーモードがどうだこうだ、と車掌もアナウンスに余念が無い。こんなこと、いちいち車内で啓蒙を行っているような国は他にあるのだろうか。
 私はそもそも電話はあまり好きではない。また他人の電話の内容にも興味はない。それに個人的には携帯で喋っている人が隣にいたとしてもそれほどストレスを感じない。第一、うるさいということなら、女子高生の会話や酔っ払いの会話の方がはるかにうるさい。であれば、車掌は“通話はお控えください”でなく“車内における会話はお控えください”でないとおかしい。さてフィリピンでは・・・
 当然、何でもOKである。いかなる公共の場所はもとより、会議中でも私的な電話がかかってくれば遠慮することなく応じている。慣れない頃は私も訝ってみていたものだが、慣れてしまえば、さして迷惑をかけられているとも思えず、逆に自分にかかってきた電話もどんな場所でも応じることが出来るので案外悪くない(会議中下を向いてテキスト打ちに熱中していた某マネージャは論外として)。要はお互い様と、それぞれが認識していればそうそう目くじらを立てることなどなかろう。
 公の場所での携帯電話のあり方については、個人的にはフィリピンスタイルに軍配を上げたい。列車の客車では通話が出来ないからと、デッキに出てきて通話する。ちょっとおかしくないか。客車の中の座っている乗客には迷惑はかけられないが、デッキで立っている乗客なら無視してよいという。どうも日本人のマナーは支離滅裂だ。

|

« 第112話 タガログとビサヤ | Main | 第114話 お風呂 »

Comments

御世話様です。tacchyです。
いま、日本の鎌倉にいます。
全く同意見です。
よく香港(アジアの金融中心地の先進国)にいきますが、香港も、地下鉄、バス、鉄道の中で、携帯はフリーでみなが使いまくっています。
携帯というものは、密閉された移動中などで使えないと意味をなさないですから・・・
日本のヒステリックなまで(電車内で携帯を使ったというので、客同士で殺傷事件もよくおきます)の携帯禁止は、ちょっと世界的にみてもおかしいんじゃないんでしょうか??

では失礼します。

Posted by: tacchy | April 27, 2006 at 07:31 AM

tacchyさん、こんばんは。
同意見を戴き有難うございます。
自分や身内に甘いくせ、線より外の他人には原則論をぶつける日本人。といって強い相手にはヘコヘコする。尊敬されませんね。
富嶽庵

Posted by: 富嶽庵 | April 27, 2006 at 11:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/9765992

Listed below are links to weblogs that reference 第113話 マナー:

« 第112話 タガログとビサヤ | Main | 第114話 お風呂 »