« 第115話 アドレナリン (11) | Main | 第117話 交通違反 »

May 20, 2006

第116話 セブ富士

 最近あまりやらなくなったが、山登りは私の子供のころからの趣味である。フィリピンでは残念ながらついにこの趣味を実行に移すことは出来ずに3年間を過ごした。
 旧マクタンブリッジを渡りマンダウェ方向に向かうと、正面に姿の整った山が目に入る。トップスとの比較からも標高は700~800mくらいだろうか。頂上付近はなかなか端正な円錐形で、私はこの山のことを勝手に”セブ富士“と名づけていた。そして一度は登ってみたいと思うようになり、総務課長に登る道がありそうか聞いてみた。
「奥の方まで道は多分あるとは思いますが、フィリピンでは驚くほどの山奥でも人がいて生活しています。道も分かりにくいし、どんな人たちがいるか分かりません。」
それもそうだ。トップスから周囲を見渡せば、夕方ともなると山間のあちこちから煙が立ち上っている。善良な人たちばかりではない。やめておいたほうが良さそうだ。
 それにしても、フィリピン人で山登りを趣味にしているという人とは、ついに出会ったことはなかった。300mくらいの水平距離でも歩かずにトライシクルに乗ってしまう人たちが垂直方向に荷物を背負って数百メートルも移動する訳がない、と勝手に決め込んでいた。ところが・・・

ヘラクレオ・オラシオン氏に続き、アーウィン・エルマタ氏が世界最高峰エベレストの頂上に到達した。両氏は、メディア大手ABS―CBNブロードキャスティングが後援するエベレスト登山隊のメンバー。登頂時刻は、ケソン州出身のオラシオン氏が17日午後3時30分(フィリピン時間17日午後5時30分)ごろ、ダバオ出身のエルマタ氏が18日午前5時30分(同18日午前7時30分)ごろだったという。(以上NNAの記事より抜粋)

 へえー、フィリピンでもそういう方が居られるんですか。

|

« 第115話 アドレナリン (11) | Main | 第117話 交通違反 »

Comments

トラックバック送りました。よく分かりませんが、セブ富士ってのは私のこの記事の場所とは違いますよね?

Posted by: msnrmzn | May 21, 2006 at 01:17 AM

リロアンという地名からすると、違うかもしれませんね。タランバンの正面あたりの山で、アヤラハイツのすぐ近くでもあります。

Posted by: 富嶽庵 | May 22, 2006 at 02:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/10151606

Listed below are links to weblogs that reference 第116話 セブ富士:

» TABLA LILO-AN [フィリピンから来た奥さん]
奥さんは昨日おばさんと妹と 山に登って疲れたって。 TABLA LILO-ANって場所 写真を送ってくれた。 おばあさんの家が近くにあるらしい。 バレンタインに届くようにチョコ送ろうか? と前に聞いてきたけど、わざわざフィリピンから チョコ送る必要無いって断った。 昔、パチンコで沢山チョコレートを取った時に 食べ過ぎて気持ち悪くなったことがあるから 今はそんなに好きじゃないし。... [Read More]

Tracked on May 21, 2006 at 01:13 AM

« 第115話 アドレナリン (11) | Main | 第117話 交通違反 »