« 第127話 日本に来る研修生 | Main | 第128話 ファミリーデー »

June 27, 2006

第127話 日本に来る研修生(2)

 そんな彼女たちには帰国後、ある”縛り“が待ち受けている。出国前に彼女たちはある書類にサインをさせられている。
「研修終了後1年以内に退職する場合は、研修費用を弁済しなければならない」
企業にしてみれば、少なからぬ費用をかけて研修させたのに、すぐに辞められては無駄な投資になってしまうし、オペレーション能力の向上にも繋がらない。彼女たちにしてみれば、これでは実質1年間は退職することはできないが、サインをするときはロクに読まずにサインしている場合がほとんどだ。
 それでも彼女たちにとって、日本は印象の良い国だそうだ。日本人の多くは至って外国人に親切である。格差社会ではあっても階級社会ではない日本では、彼女たちが疎外感を味わうことのないよう丁寧に接する。休日にはどこかに連れて行ってやったり、食事をご馳走になったり、案外至れり尽くせりなのだ。我々にはどうとも思わない会社の食堂のランチも好評で、特にコメが美味しいというのは誰もが言うそうだ。それと我々にとっては当たり前のことだが「どのクルマも真っ直ぐ走っている!」とか、「道路がとても滑らかだ」などと関心していた者もいた。
 日本に行く前は「金持ちの国」「礼儀正しい」くらいの印象だった日本に、帰国後は「親切」「きれい」「美味しい」という印象が加わる。

|

« 第127話 日本に来る研修生 | Main | 第128話 ファミリーデー »

Comments

好印象を持って帰ってくれるというのはうれしいものですね。
コメがおいしいのは困りものですが・・・
奥さんやせません

Posted by: msnrmzn | June 28, 2006 at 04:02 PM

いやー、残念ながら奥さんがやせる可能性は??研修生の娘たちは殆どがコロコロになってセブに戻りました。

Posted by: 富嶽庵 | June 28, 2006 at 11:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/10704451

Listed below are links to weblogs that reference 第127話 日本に来る研修生(2):

« 第127話 日本に来る研修生 | Main | 第128話 ファミリーデー »