« 第145話 日本語手当 | Main | 第145話 日本語手当(3) »

August 31, 2006

第145話 日本語手当(2)

 情報システム部のF課長は何かと器用で日本語もかなり理解できる。学校に行って習ったわけでもなく、独学で学び、「山」とか「川」、「会社」とか「仕事」とか良く見かける漢字くらいは識別できるまで身につけていた。このあたりはフィリピン人の学習能力の高さで、日本人は逆立ちしても敵わない。彼は日本人に話しかけるときは一生懸命日本語で話しかけた。
 さて、彼の上司のY部長。彼も簡単な日本語の単語、特に仕事でよく使われる言葉は聞き分けられるレベルであり、専門用語は日本語でどう表現するか知っている。聞いている方も専門用語が日本語できれば、何となく言わんとしている事は理解できるが、残念なことに会話としては彼は日本語を話せるレベルにはない。彼が日本人に話しかけるときは、キーワードは日本語になるとしても、文全体としては英語でしか話せない。
 この二人は日本語手当てはそれまで同じレベルにランキングされていたが、どう客観的に見ても部下のJ課長のほうが日本語能力は歴然として高い。たどたどしいながらも文全体としては、彼の場合は日本語になっている。この年はJ課長に1ランク上の手当てになるチャンスを与えようと、面接試験を受けさせることになったのだった。
 さて、プライド高いフィリピン人、部下の挑戦を激励するどころか、Y部長は黙っていなかった。

|

« 第145話 日本語手当 | Main | 第145話 日本語手当(3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/11692189

Listed below are links to weblogs that reference 第145話 日本語手当(2):

« 第145話 日本語手当 | Main | 第145話 日本語手当(3) »