« 第177話 Sana'y laging magkapiling(3)  | Main | 第179話 財布がない! »

December 15, 2006

第178話 本を読まないから

 物事を考えるときに、現実論から入ってこうしようだと結論付けるか、原則論から入ってこうすべきだとするか、結果の部分では大きな開きを生じるものだ。

 現実論から入るとその場はうまく凌げるが、どこかで辻褄が合わなくなったり、或いは原則論から入ると、総論賛成、でも誰も具体的行動には至らず、というのがよく見る光景だ。

 日本は公式には原則論が優位で現実論は退廃的なイメージすらもたれている。そのくせ多くの人達の実際の行動は現実的だったりするから始末に悪い。フィリピンでは最初から現実論だ。しかし、そこは論理的な概念の構築という思考がやや弱いからそうなっているように思える。

 会議をしていてもそうだ。どうあるべきという話は全くなしに、今こうなっているからこうしよう、といった議論から始まることが多い。その為のアイデアは泉のように湧き出るのは、それはそれで彼らの才能だが。

 彼らに聞いたことがある。日頃、本を読んでいるか、と。ほとんどの場合、NOという答えが返ってくる。そういえば、セブではナショナルブックセンターがあるとは言え、人口に比べて書店や売られている本の数が極めて少ない。それだけ需要も少ないからだろう。

 フィリピン人の頭脳レベルは決して低くない。彼らが多くの書物を読み、体系的論理的に語るようになれば、彼らに対する見方も大きく変わるだろう。だが残念ながら、最近のASEAN会議の延期やら見ていると、彼らが何をしなければならないのか、よく理解できていないというのが現実のようだ。

|

« 第177話 Sana'y laging magkapiling(3)  | Main | 第179話 財布がない! »

Comments

エルメス バッグ

エルメス バッグ

エルメス バッグ

エルメス バッグ

エルメス バッグ

Posted by: Louis Vuitton | July 27, 2011 at 11:49 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/13073120

Listed below are links to weblogs that reference 第178話 本を読まないから:

« 第177話 Sana'y laging magkapiling(3)  | Main | 第179話 財布がない! »