« 第182話 マネージャの浮気(3) | Main | 第184話 フィリピン流床磨き »

January 14, 2007

第183話 バンタヤンのM

 バンタヤンのビーチはセブあたりのそれと違い、天然の白砂だ。セブからマニラに飛ぶ機内から見るとひときわ目をひく。せいぜいマクタンよりちょっと大きいくらいの島だけど、マクタンと違うのは、低いながらも起伏があって、地形に変化がある。

 ここには何回か行ったが、ふとしたことで、ある青年と知り合った。Mという青年は年齢は30前だが子供が一人いる。この青年、聞いたら父親は日本人だそうだ。苗字はSというどこにでもいるSであるが、しばらくはこの島で一緒に生活していたそうだ。ある日、突然姿を消した。彼は今でも理由はわからないと言っていた。日本人の我々には理由は想像できる。そんな彼も父親から日本語を教わっていたらしく、カタコト以上のレベルで日本語を話すことが出来る。だから彼はこの島では貴重な日本人相手のガイドだ。

 そういえば、ここでは日本人のボディービルダーが事業を起こすとか、そんな話も聞いていたが実現したという話はまだ聞いていない。

 この島にいると、何故だかやたら欧米人の姿が多い。旅行者もさることながら、住み着いてしまった欧米人(特に北欧が多いとか)を数多く見かけた。交通の便を考えると、旅行は良いとしても、住み着きたいとまで思わない私は未だ修行が足らないようだ。

|

« 第182話 マネージャの浮気(3) | Main | 第184話 フィリピン流床磨き »

Comments

>旅行は良いとしても、住み着きたいとまで
>思わない私は未だ修行が足らないようだ。

いえいえ、これが正常だと思いますよ。(笑)

Posted by: dragonfly | January 15, 2007 at 12:26 AM

セブ島内なら未だしも、セブからクルマで3時間、その港から船ですからね。3日も居れば最低1回は停電があるような所です。
それにしても欧米人はたくましい。

Posted by: 富嶽庵 | January 15, 2007 at 01:45 PM

Do you mind if I quote a couple of your articles as long as I provide credit and sources back to your blog? My blog is in the exact same area of interest as yours and my users would truly benefit from a lot of the information you provide here. Please let me know if this alright with you. Many thanks!

Posted by: best dating sites | November 22, 2014 at 08:54 PM

Howdy! Do you use Twitter? I'd like to follow you if that would be ok. I'm absolutely enjoying your blog and look forward to new posts.

Posted by: match.com | February 11, 2015 at 10:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/13495408

Listed below are links to weblogs that reference 第183話 バンタヤンのM:

« 第182話 マネージャの浮気(3) | Main | 第184話 フィリピン流床磨き »