« 第183話 バンタヤンのM | Main | 第185話 セブ島北西部 »

January 23, 2007

第184話 フィリピン流床磨き

 無くて七癖、あって四十八癖と言うから、人間の所業には自分を基点に見れば、他人の多くの癖が見えてくる。同じ日本人同士でもそうなのだから、民族が違えば尚更だ。

 日本人から見るとフィリピンの人達の動作は至ってのんびりとしている。歩いている時だってわざとゆっくり歩いているんじゃないかと思うくらい遅い。時間の感性が違うのだから当然というか、彼らから見れば日本人はいかにもせわしいに違いない。仕方ないのだ。

 と思いながらも、彼らの掃除の光景を見ていると、ここまで感性が違うものかと考え込んでしまう。床の拭き方だ。メイドが居るフィリピンでは電気掃除機は使わない。メイドに楽をさせる必要がない、というのが根底にある。これは洗濯機も同じことだ。

 彼女達は、雑巾を床に置くと、その上に足を乗せ、そのまま足を滑らせるように、器用に磨いてゆく。我々は昔、小学校の床磨きでは、両手を床の上の雑巾に乗せて、パソコンのマウスのような形になって屈んでサーッと拭いていた。どうしても足で床を拭く姿は真面目にやっているように映らないのだ。こっちの頭が堅いのか。

|

« 第183話 バンタヤンのM | Main | 第185話 セブ島北西部 »

Comments

It's awesome to visit this site and reading the views of all friends about this post, while I am also eager of getting know-how.

Posted by: free minecraft | September 16, 2014 at 08:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/13636403

Listed below are links to weblogs that reference 第184話 フィリピン流床磨き:

« 第183話 バンタヤンのM | Main | 第185話 セブ島北西部 »