« 第198話 ココナッツオイル(2) | Main | 第200話 パエリア »

April 09, 2007

第199話 レイテの乗合バス

 日曜日の午後、私は小田急の車内にいた。つり革につかまっていると、目の前にいた中学生と思しき女生徒から「どうぞ座ってください」。ショックだった。席を譲られるとは。丁重に断ったが。

 日本では席を譲るかどうかは本心ではない場合が多い。どういうことかと言うと、席を譲らない場合の周囲の視線を気にして席を譲ることが多い。

 さて、アナハワンからの帰りは乗合バスだ。朝7時に町を通るバスに乗らないとフェリーに間に合わない。朝も早いし、空いてるだろうとの考えは甘かった。長距離移動の人は勿論、通学のハイスクール生徒の数、半端じゃない。やっとの思いでバスに乗り込んだが乗客の荷物も多く、足の置き場などありゃしない。

 バスに乗り込んで暫くはただ立っているだけでもやっとだったのが、だんだんと身の置き方にも慣れてくる。そんな時だ。斜め後ろの席に座っていた中年の女性がここに座れと、狭い座席スペースを指差した。周りには他に乗客もいるのに何で私が?周囲の乗客もあんただよ、あんたが座るんだよ、と言わんばかりの視線だ。

 一人で乗り込んでいる外国人への配慮か、はたまた年配者と思われたのか。後者だとは絶対に思いたくない。結局このおばさんの話につき合わされヒロンゴスまで約3時間、これはこれで結構疲れた。

|

« 第198話 ココナッツオイル(2) | Main | 第200話 パエリア »

Comments

私はこちらへ来て10年以上たちます。
今40代後半ですが、年より大分老けて見えます。

先日マニラのLRTに乗っていると、高校生位とみられる女の子に、席を譲られてしまいました。

もちろん日本でも、そういう経験はありませんでしたが、譲られてみて、しかも外国で.....

初めて、自分もそういう年になったのかと実感し少し寂しい気がしました。

あまりに、自然に席を譲られたので、断ることも出来ず、席にすわったまま、しばらくボーとしてしまいました。

Posted by: moimoi | April 10, 2007 at 03:02 PM

私は今年で55歳になりますが、良いのか悪いのか、未だ譲ってもらったことがありません。結構、若く見られて逆に損してます。(笑)
それにしても3時間ものお相手、ご苦労様でした。私には、こっちのほうが余計に疲れてしまいそうです。

Posted by: dragonfly | April 10, 2007 at 07:32 PM

moimoi様、確かに40代ではショックですね。私も似たようなものですが。フィリピンでは年長者への敬いということでしょうか。
dragonfly様、そうです。3時間座っていてもホトホト疲れました。何だかんだ話かけられ、いやはや疲れました。

Posted by: 富嶽庵 | April 10, 2007 at 10:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/14626192

Listed below are links to weblogs that reference 第199話 レイテの乗合バス:

» ヘラブナをつりたい [へら鮒]
つり [Read More]

Tracked on April 10, 2007 at 05:06 PM

« 第198話 ココナッツオイル(2) | Main | 第200話 パエリア »