« 第211話 フィリピンは環境先進国? | Main | 第213話 混血のステータス »

June 01, 2007

第212話 フィリピン株

 手持ちの中国株。先週のグリーンスパンの発言はインパクトがあった。慌てて手仕舞いしようと証券会社にTEL。指値売りをするつもりだった。ところが担当者不在で、後で電話するつもりが、何かと忙しくすっかり忘れてしまった。果たして週始めには上海暴落、香港市場も軒並み安。売るタイミングを失して意気消沈していたら、なんと今日はまた跳ね上がっている。暴落前の水準に1日で戻してしまった。結果、売らなくて良かった~

 実はフィリピン株も考えていた。上場会社数でタイ、ベトナムと同程度。しかし個別企業のディスクロージャがほぼ皆無。流動性も小さく、何かあった時に身動きが取れなさそうだ。証券会社は個別銘柄でなく、投資信託を薦めている。せっかく投資家はBRICsの次の投資先を探しているのだから、フィリピン政府もこのあたりの法整備を進めれば、カネは流れ込んできそうなものだが、二重帳簿が当り前のカルチャーでは、信用しろ、という方が無理だ。フィリピンは個別銘柄で買うのでなく、国ごと買うつもりで投資しろ、とアドバイスされていた。よっしゃ、買ってみるか??

|

« 第211話 フィリピンは環境先進国? | Main | 第213話 混血のステータス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/15273895

Listed below are links to weblogs that reference 第212話 フィリピン株:

» HSBC インドオープン [田舎暮しのための節約と投資]
トラックバック失礼します。今回はHSBCインドオープンについての記事を書きました。よろしくお願いします。 [Read More]

Tracked on June 02, 2007 at 05:30 PM

« 第211話 フィリピンは環境先進国? | Main | 第213話 混血のステータス »