« 第214話 南に行くほど甘くなる | Main | 第216話 気風の良さなど通じない »

June 12, 2007

第215話 塩ラーメン

 同じカテゴリーの食品でも味は国によってかなり異なる。インスタントラーメンは当地ではビーフの風味が強調されているものが多い。日清の出前小僧のイラストもどことなく違うし勿論味も違う。あのイラストを見て日本のものと同じ味覚を期待すると裏切られる。

 メイドが作る料理は食えないほど不味くはないが、食欲が湧くほどでもない。日曜は料理を作るメイドは休みだ。その場合は、大体外食することになるが、昼はインスタントラーメンを自分で作って済ますことも多かった。でも、それも飽きてくる。色々試した。

 麺を茹でた汁をこぼし、カラカラにする。スープを全部かけたら辛すぎるから、半分ほどまぶす。要は焼きそば状態にしてしまうのだ。暑いフィリピンではこれはなかなかいけるのだ。特にとんこつでは。

 もうひとつは牛乳ラーメン。水を使わずに牛乳でラーメンを煮込む。塩ラーメンはこの方が間違いなく美味い。インスタントラーメンにグッとコクが加わる。メイドの料理に満足していたら、そんな工夫は考えなかっただろう。必要は発明の母。

|

« 第214話 南に行くほど甘くなる | Main | 第216話 気風の良さなど通じない »

Comments

牛乳で塩ラーメンとは、意表をつきますね!

ためしてみたいような、恐いような、ちょっと複雑です。
焼きラーメンは、現在日本でも発売されていますが、
富嶽庵さんが、元祖だったんですね!!

Posted by: moimoi | June 13, 2007 at 07:10 AM

ハイ、いろいろ試しました。現地で売っている中華乾麺の中にも、硬さがヤキソバ向きのモノがあったり、ビーフンにもコシの強いモノがありました。

Posted by: 富嶽庵 | June 13, 2007 at 10:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/15402170

Listed below are links to weblogs that reference 第215話 塩ラーメン:

« 第214話 南に行くほど甘くなる | Main | 第216話 気風の良さなど通じない »