« 第242話 困窮邦人 | Main | 第244話 マル秘のレシピ »

October 31, 2007

第243話 フィリピンの格差拡大

 日本では格差の拡大云々が最近の大きな政治テーマとなっているが、フィリピンにおける格差は日本ほど小さなものではないし、また、不思議なことに政治テーマとしても大した課題ではない。人間社会に格差は元々あるもの、とハナから受け入れてしまっている。そのフィリピン国内の格差もさらに拡がってきている兆候と思われる数字を見た。

 JETROではなかなか有益な海外情報を発信しているが、投資情報として国別のみならず、都市別の投資コストを公表している。サンプリングの絶対数が都市によっては少ないからだろうが、やや信頼性の劣る情報もあることは、見る側で斟酌するしかない。

 たまたまマニラとセブがあったので、ちょっと見てみた。さて、人件費。13ヶ月手当を除くワーカーの総支給額の月額(恐らく残業含むだろう)。セブの10,979-17,772ペソに対してマニラ13,115-15,112ペソ。エンジニアの場合セブの15,601-25,261ペソに対してマニラ14,601-21,201ペソ。マネージャではセブの30,665-66,225ペソに対してマニラは平均値しかなく41,997ペソ。

 ちょっと意外だが、これはサンプリングに問題がありそうだ。見たら、セブは日系5社を調査、となっている。セブで日系5社なら凡そ想像はつくが、どこかの会社は誤った数値を(高い方で)提供していると思われる。妥当なところはセブはマニラの8掛けくらいだろう。

 ところで、別の都市でベトナムのホーチミンも見てみた。ベトナムではワーカーはフィリピンの6掛けくらいで安いが、マネージャクラスはフィリピンの1.5倍くらいだ。ということは、ベトナムはフィリピンより更に格差社会だ。であるなら、日本は凡そ格差社会と呼ぶには相応しい状況では未だないようだ。

|

« 第242話 困窮邦人 | Main | 第244話 マル秘のレシピ »

Comments

When someone writes an paragraph he/she retains the idea of a user in his/her mind that how a user can understand it. Thus that's why this article is outstdanding. Thanks!

Posted by: Shanon | June 21, 2014 at 03:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/16937068

Listed below are links to weblogs that reference 第243話 フィリピンの格差拡大:

« 第242話 困窮邦人 | Main | 第244話 マル秘のレシピ »