« 第247話 ブランドNew(2) | Main | 第249話 クリスマスデコレーション »

December 14, 2007

第248話 皇居

 日本にあってフィリピンにないもの(まあ逆もあるが)。いくつかあるが、国の体制は全く異なる。君主の存在である。確かに象徴天皇ではあるが、外交儀礼上は元首として扱われ、外国からは日本は立憲君主国として看做されているそうだ。ここ数十年で多くの国が君主制から共和制に移行し、残り少なくなった立憲君主制というのも案外誇らしいモノなのかもしれない。

 が、そんな議論はどうでもよく、実は先日、皇居の一般参観というものに参加してみた。普段入れない門の中に入れる、というだけのことだが、いつも外から見ていて内部はどうなっているのだろう、と思っていたので、良い機会だ。

 が、しかし、大したことはなかった。さすがに御所の方まで入場できるわけも無く、敷地内の一部分を見せてくれた、という程度。皇宮警察という性質上やむを得ないが、小学生の遠足宜しく整列行進を求められ、窮屈この上ない。

 さらに気分を害するのは、無分別な外国人観光客(何故か少なくない人数で来ているのだ)。入るな、と言われてもどこでも入って写真を撮ろうとしたり、大声でぺちゃくちゃ。まあ、どこの国の人達かと言えば、ご想像の通りである。Himg0001 Himg0003

 一応、中に入らなければ撮れない写真であるが、正直言ってあまり行く価値はなかったかな。(左は宮内庁庁舎、右は富士見櫓)

|

« 第247話 ブランドNew(2) | Main | 第249話 クリスマスデコレーション »

Comments

無分別な外国人観光客(笑)
規則を気にすることなく生きている人々には、注意など屁とも思わないのでしょう。

Posted by: Salcedo | December 19, 2007 at 12:43 PM

全く意に介してなかったようですね。欧米系の人達は静かにしていました。それと、日本人でも年配のおば様達はやはりちょっとうるさかったかな。

Posted by: 富嶽庵 | December 19, 2007 at 01:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/17364872

Listed below are links to weblogs that reference 第248話 皇居:

« 第247話 ブランドNew(2) | Main | 第249話 クリスマスデコレーション »