« 第260話 アザーン | Main | 第262話 男同士でおテテつないで »

March 10, 2008

第261話 ワディ

 イエメンは北緯12度~18度付近に位置し、緯度としては熱帯である。しかし首都サナア付近の高地、アラビア海や紅海沿岸の海沿い、それと東部の砂漠地帯とで顕著に気候が異なる。今回私が滞在したのはサナアが中心だったので、気温としてはまずまず快適。朝は10度位で日中は25度くらい。

 この辺りは年間では1000ミリ以上の雨が降るそうだが、3~4月の小雨季と8~10月の本格的な雨季にしか雨が降らない。だから滞在中は毎日晴れ。ではあるのだが、砂埃がひどくて空気は黄色っぽくどんよりしている。Photo

 さて、写真の道路、何でわざわざ他の土地より掘り下げてあるのだろう。ガイド兼ドライバーのアヌワル氏に聞いてみた。

「あー、ここかい?ここはワディ(川)なんだよ。雨季はこの辺の高さまで水につかる。今は乾季だから道路として使っている。」

なるほど、川幅が道路としてもちょうどいいわけだ。そのために川底?も道路に転用できるように石畳になっている。こういう発想は日本にはないなあ。eyeglass

|

« 第260話 アザーン | Main | 第262話 男同士でおテテつないで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/40451096

Listed below are links to weblogs that reference 第261話 ワディ:

« 第260話 アザーン | Main | 第262話 男同士でおテテつないで »