« 第288話 派遣会社のマージン | Main | 第290話 感電 »

July 28, 2008

第289話 コメ不足とコメ余り

 フィリピンの輸入統計を見ていると、最近の顕著な物価の動きがストレートに表れている。サウジアラビアからの輸入額が大幅に膨らんでいるのは理解はできるが、その金額をみると、フィリピンの経済力からすればただ事ではないだろう。もうひとつはベトナムからの輸入金額大幅増だが、これは多くはコメであることも想像の範囲外ではない。

 キャンティーンで見ていてもフィリピンの人たちはよくコメを食べる。女性でもランチでライス2ボウルなんてありふれた光景だ。フィリピンで一人当たりのコメの消費量は年間1,200万トンというから、一人当たり年間凡そ150kgだ。一方、日本では750万トンというからせいぜい一人60kgだ。それでいて、生産量はフィリピンの1,000万トンに対して日本は1,200万トン。不思議なのは備蓄量が150万トンというから計算が合わない。余った日本のコメはどこに仕舞い込んでいるのだろう。違う目的に転用されているのかな?

 日本で流通している価格での輸出で買えと言うのはは無理だろうが、どうせ余らせて捨てるに等しい処分をするのなら、この親日的な隣人たちに何とかしてやりたいと思う人は少なくないだろう(そんな政府の動きもあったようだがどうなったのカナ)。少なくとも以前に50万トンも無償で援助してやっても感謝もしなかった某半島の国にくれてやるより、生かされる支援になるだろう。

|

« 第288話 派遣会社のマージン | Main | 第290話 感電 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/41994115

Listed below are links to weblogs that reference 第289話 コメ不足とコメ余り:

« 第288話 派遣会社のマージン | Main | 第290話 感電 »