« 第312話 解凍 | Main | 第314話 異邦人 »

February 28, 2009

第313話 居酒屋の枝豆

 フィリピンでのメイドの食材の扱い方は時には我々の想像を超えるものがあるが、よくよく思えば、我が国も昨年はヒドいニュースが多かった。

 過日、某居酒屋でのこと。取り合えずすぐに出てくるつまみとして枝豆を頼む人は多いはずだが、問題はその枝豆。よくよく見ると、鞘がぺちゃんこにつぶれたものが混ざっている。摘み出してみると、明らかに食いカスの鞘だ。どう考えても、以前の客の食べ残しを次の客に回しているということだ。その際に食いカスが混ざったということだ。

 アルバイトの女の子を呼んだ。中国人のアルバイトだ。食いカスを指差して

「前の客の食べ残しを出してんじゃないの?食いカスが混ざってるよ。」というと、

「アー、スミマセン。コンドハ、マザラナイヨウニ、ヨクミマス。」だって。

彼女にしてみれば、食べ残しでも使えるものを次の客に出すのは全然問題ないが、カスの鞘が混ざったのはゴメンナサイ、なのだ。中国人の彼女にはそんなところだろう。しかしここはあの上場会社のデッカイ赤い看板のアノ店である。店のマニュアルとしてもそういう指導なのかもしれない。

 ふーむ。パセリは以前からよくそういわれていたものだが、枝豆までも。日本でもこれだから、フィリピンのレストラン、どうなのカナ?

|

« 第312話 解凍 | Main | 第314話 異邦人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/44199821

Listed below are links to weblogs that reference 第313話 居酒屋の枝豆:

« 第312話 解凍 | Main | 第314話 異邦人 »