« 第316話 特急シャルク号(2) | Main | 第318話 ボラない運転手 »

March 16, 2009

第317話 “青の都”サマルカンド

 多少世界史に興味がある方なら、この地名には様々なイメージを持っていることだろう。中世以来の帝国の興亡、オアシス都市、モスクとバザール…。いずれにしてもシルクロードの最も栄えた中継地点としてのイメージだ。

 実は、この町のイメージは訪れる前とその後では少々異なる。私のイメージは古のイメージであるが、実際に行ってみるとそれよりは近代的な町になっている。それでも壮大な中世の建築物は、6世紀前の都の隆盛を彷彿とさせる。

 この町でも天気は雨こそ降らなかったものの、太陽は顔を出さなかった。実は是非ここで青空の下で青の都を満喫したかった。モスク頭頂部の青いドームと青空が青さを競い合う、そんなイメージを持っていたので、天候にはがっかりさせられた。

 Himg0019 それでも素晴らしいスポットはいくらでもある。シャーヒズィンダ廟は美しい建物のテーマパークといった風情。また、グリ・アミール廟ではその内部は眩いばかりの黄金色。3トンの金が内部の装飾に使われたとか。チムール一族の墓には触ることも出来るくらい間近に見られる。Himg0024

 ところで、このグリ・アミールでは日本語ペラペラの女性に出会った。彼女はこの廟の受付が係だが、驚くほど日本語が堪能。聞けば2年ほどの独学でここまでになったと言う。彼女は日本語のパンフレットを指差して、漢字の読み方と意味を聞いてきた。この貪欲さ、見習わねばなるまい。Himg0026

 見所はかたまっているから、一通り見るだけなら、この町は2日あれば充分だ。

|

« 第316話 特急シャルク号(2) | Main | 第318話 ボラない運転手 »

Comments

An impressive share! I have just forwarded this onto a coworker who has been doing a little homework on this. And he in fact bought me breakfast because I discovered it for him... lol. So allow me to reword this.... Thanks for the meal!! But yeah, thanx for spending some time to talk about this issue here on your web site.

Posted by: http://www.peitschenschlag.de | November 27, 2013 at 09:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/44372388

Listed below are links to weblogs that reference 第317話 “青の都”サマルカンド:

« 第316話 特急シャルク号(2) | Main | 第318話 ボラない運転手 »