« 第337話 親日国に冷たい日本 | Main | 第339話 嗅覚障害 »

June 30, 2009

第338話 戦争博物館

 かなり前のことだが、ドゥマゲティの郊外にある“戦争博物館”をのぞいた事がある。ガイドブックにも載っていなかったし、たまたまチャーターしていたドライバーが空き時間に案内してくれた。

 ドゥマゲティ中心部から20分くらいだろうか。ぐんぐん高度を上げていくと斜面にへばり付くように小さな平屋の建物がある。漢字で標記されているから、これはどなたか日本人が書いた看板なのかもしれない。小さな建物には当時の兵隊さんたちの軍服やら、飯盒やら、ボロボロになりながらもきれいに保存されていた。

 これは考えさせられることである。当時の敗色濃厚な日本軍に対して米軍は地元民が居ようが居まいが徹底的な空爆を加えていたらしい。当然、地元のフィリピン人にも被害者が出る。当時そこに従軍していた日本の軍医はフィリピン人と日本人の区別無く治療をしていたそうだ。その行為に対して地元の人たちの気持ちとして、その博物館があるそうだが、維持費とかはどうなっているのだろう。

 なだらかな丘陵地形が多いセブに比べて、ネグロスは標高の高い山があって、景色に変化がある。風景に関して言えば、私好みの島だ。

|

« 第337話 親日国に冷たい日本 | Main | 第339話 嗅覚障害 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/45500006

Listed below are links to weblogs that reference 第338話 戦争博物館:

« 第337話 親日国に冷たい日本 | Main | 第339話 嗅覚障害 »