« 第338話 戦争博物館 | Main | 第340話 カンコン »

July 04, 2009

第339話 嗅覚障害

 数年前から、嗅覚に問題があることは感じていたが、最近いよいよ匂いを感じなくなってきた。味覚はあっても臭いが殆んどない。カレーくらい強烈なら分かるが、ごま油の香ばしい香りは全く感じない。逆にどんな汚い公園のトイレでも悪臭を感じない。

 慢性のアレルギー性鼻炎を抱えているから、薄々原因の想定もできるが、臭いの障害はどうしても日常生活に支障があるわけでもないので、まあ今まで放っておいた。

 数日前、意を決して耳鼻科へ。蓄膿と言われたら面倒なことになる。結果、通院治療となったが、完治には長い時間がかかると言われた。それでも点鼻薬が相当効いているようで、昨日あたりから今まで感じたことの無い臭いが…。良い香りにしろ、いやな臭気にしろ、自分の周囲はこんな臭いで囲まれていたとは…。

 ところが良いことばかりでもない。食べ物だ。香りも楽しめるはずだったが、刺身を食べれば生臭く、脂っこいものはむせ返る臭いがする。思えばここ暫く、食べ物の好き嫌いがなくなり、何でも食べられるようになったのは嗅覚障害のお陰だったのかも。

|

« 第338話 戦争博物館 | Main | 第340話 カンコン »

Comments

匂いの影響って大きいんですね。
確かに昔トマトジュースが嫌いだったころは
鼻をつまんで飲みました。

Posted by: nori | July 05, 2009 at 07:56 AM

何だか毎日新鮮な気分です。歯磨き粉やアフターシェーブローション、草むしりした時の草の臭い、そういえば確かにこんな臭いだった、と感動してます。shine

Posted by: 富嶽庵 | July 06, 2009 at 03:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/45534314

Listed below are links to weblogs that reference 第339話 嗅覚障害:

« 第338話 戦争博物館 | Main | 第340話 カンコン »