« September 2009 | Main | November 2009 »

October 19, 2009

第350話 サンゴ

 先日、とある新装の沖縄料理の居酒屋に行ったら、何やら昔理科で習ったフレミングの法則の3本指のような形をしたモノが記念品として配られていた。何じゃい、これは。Himg0031_2

 店主曰く、沖縄で拾われたサンゴだそうだ。自分はサンゴには全く無知に近い。つい最近までサンゴは植物だと思っていたくらいだ。へ~と眺めていたが、こういうモノがそんなにオマケの記念品とはいえ、流通しているということはどういうことなんだろう。店主は、海岸に流れ着いてきたものだよ、と言っていたが。よく見れば細かな孔が無数に開いているからこの中に生き物のサンゴもいた、ということなのかな。

 こういうモノって、もらった後で扱いに困るものである。持っていても別の付加価値は生まないし、かといって捨てるのもナンだし…。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

October 08, 2009

第349話 こちらも台風

 台風18号は予想よりは足早に関東地方を駆け抜けてくれた。雨はそれほどでもなかったが、それでも今朝あたりの風は凄かった。時々吹く突風で自転車は前に進めないどころか、風で進行方向が突如捻じ曲げられ、歩道から車道に飛び出してしまったり、だ。

 大雨に見舞われた地域もあったようだが、我が国は排水などの設備や環境はさすがにしっかりしているので、今のところ大きな災害はないようだ。気象庁発表の進路予想も精度が高く、多くの人が事前の心得をしっかり持っている、ということだろう。

P1080626_2  先週のマニラ周辺を襲った台風17号はまだ多大な影響を残している。日系人会会長のY氏によれば、60万人にも及ぶ人々が避難生活を強いられているとのことだが、残念なことにこのような被害状況が多くの日本人に知られているとは言い難い。

 近所の高校のボランティア部の女子高校生に聞いたら、今回のフィリピンの水害のことを知っている者は誰もいない、と言っていた。これが平均的日本人のフィリピンに対する距離感である、というのも些か寂しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2009

第348話 台風の被害

 ニュースでも、また数多くのフィリピンサイトでも紹介されているので、今さら、との感もあるが、マニラ日系人会会長のY氏からも状況を聞いた。彼は沿岸警備隊の特種救助隊長として方々に派遣され、実際に救助活動に当たっている。

 彼によると、派遣された被災地の随所で3mにも及ぶ水深の洪水が見られ、家の中に36時間以上閉じ込められている被災者など、多くの人命救助に当たったそうだ。全くの24時間体制での救助だから、隊の疲労や困難も相当なものだったに違いない。9月29日で240名の方々が亡くなられ、避難者総数も60万人を超えている、と言うから、深刻な状況だ。

 時を同じくして南太平洋とスマトラで大地震も発生し、フィリピンの水害が話題としても埋もれてしまいそうだ。そんな中で、台風17号が虎視眈々とルソンに足を進めている。これ以上の被害がなければ良いのだが。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »