« 第352話 窃盗 | Main | 第354話 クリスマスともなると »

November 25, 2009

第353話 肩こりと思ったら…

 3か月前くらいから左の肩がジーンとくる痺れや痛みが続いている。程度はその日によりマチマチだが、電気マッサージ器をあてがっても一向に改善しない。マッサージでもしにフィリピンでも行くか、などと思案していたが、近所に最近開業した整形外科があることを思い出し、行ってきた。

 厳つい医者は、症状を聞いただけで、「あ~だいたい原因はわかった。」と一言言うや否や、私の腕をとり急に持ち上げたかと思うと、後ろに引っ張り、「これは痛くないよね」。うん、別に痛くはない。「じゃあこれはどうだ、痛いだろ」と言いつつ、首をギュッと横に向けた。「イテテテ!」左肩から腕の付け根が強烈にジーンときた。「ほ~ら、やっぱりそうだ、原因はクビだよ」だって。

 何枚かレントゲンを撮った。自分の骨を透かして見るのも薄気味悪いものだ。その気味悪い写真を前に乱暴な医者は言った。「1,2,3,4…えーと7つほど骨がつながっているだろ。骨の形は悪くないよ。それぞれの隙間も規則正しく繋がっている。問題は下の方の2つだな。それぞれの骨に小さな穴があいているが、ここに神経が通っている。下の方の二つはその穴が少し潰れているのか、小さくなっているだろ。だから神経を圧迫してるんだよ。」と言うことだそうだ。

 投薬で傷んだ神経を回復させるということになったが、定期的な通院治療が必要になってしまった。それでも、フィリピンに行ってマッサージしてきても全く効果がないことだけは確かなようだ。

 それにしても、この乱暴な医者の最後の一言も奮っていた。

「今まで3ヶ月も我慢できたんだから、痛み止めは要らないよね」。weep

|

« 第352話 窃盗 | Main | 第354話 クリスマスともなると »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/46855634

Listed below are links to weblogs that reference 第353話 肩こりと思ったら…:

« 第352話 窃盗 | Main | 第354話 クリスマスともなると »