« 第383話 演説集会(3) | Main | 第385話 帰りのボート »

July 27, 2010

第384話 最近のレイテ

 オルモックへの帰路はショートカットの新しい道を通った。ソゴドの食堂で昼飯(3人で140ペソ)を食っていると、オートバイのツーリング族が入ってきた。30台くらいの集団で如何にもといういでたちだ。ほう、最近ではフィリピンでもこういう趣味の人もいるのか。聞けば1日がかりでレイテを1周しているそうだ。

 ところで、この食堂ではもう一人(ひと組)目を引く人がいた。やはりオートバイで入ってきた者で、欧米人と思しき年配の男性と若いフィリピン人の女性。身なりから見ると、近所の人だろう。12年前に来た時にはオルモックでさえ欧米人を見掛けなかったが、今回はオルモックはもとよりマーシンでもかなり多くの欧米人を見かけた。

 A氏によれば、ほとんどがネット上で知り合い、そのまま結婚、という組み合わせが今では非常に多いそうだ。しかし、「結婚した後であまりの係累の多さにびっくりしてるんじゃないか。」と笑っていた。しかし、こんなフィリピンの片田舎の生活に耐えられる彼らもなかなか逞しい。

 ソゴドからは山間部を北上し、標高が高くなるとそれなりに涼しくなってくる。この辺りの道路や橋もほとんどが日本のODAで出来ているが、フィリピンではこういう場合、必ずと言ってよいほど、政治家の顔写真のポスターが「私が作ったのよ」と言わんばかりに掲げられている。Jica

 やがて、タクロバンへ行く道を右に見送ってどんどん下って行くと、ストンとバイバイの市街、ちょうど例のジョリビーの角に出る。しばらく僻地にいたせいか、ジョリビーがあるだけでバイバイが近代的な町に見えてしまった。

|

« 第383話 演説集会(3) | Main | 第385話 帰りのボート »

Comments

It's enormous that you are getting thoughts from this post as well as from our argument made at this time.

Posted by: best dating sites | December 20, 2014 at 02:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/48987697

Listed below are links to weblogs that reference 第384話 最近のレイテ:

« 第383話 演説集会(3) | Main | 第385話 帰りのボート »