« 第393話 大渓 | Main | 第395話 カラスミ »

January 27, 2011

第394話 台北のMRT

Photo  さて、再び寒々としたバスに乗る。例によって「永寧」と書いたメモを運転手に見せる。永寧は地下鉄の板南線の終点の駅であり、バスがここを通るのを往きに知った。運転手は指で金額を提示してくれた。バスには前払いのバスと後払いのバスがあって、このバスは「上車収票」と表示されていたから、乗るときに行き先を告げて運賃を支払う。それにしても台北のバスは、ことごとく窓にPRの為のカッティングシートが張り巡らされ、車窓の景色を楽しめないのが残念だ。

 台北まで行かずに「永寧」で下車したのは正解だった。交通費がいくらか少なく済むのもあるが、時間的に渋滞が目立ってきていた。MRTは数分間隔でやってくるし、ターミナルでの乗り換えも簡単でとても便利。士林までNT$45(130円くらい)で乗り換え時間を入れて50分くらいで到着。

 さて、ここから故宮である。バスが出ているが、小銭入れを開けてコインが足らないことに気付いた。バスは運賃を支払う時に釣り銭は出ないことになっている。どこかで、何か食べてもいいが、もう14時を過ぎている。故宮はひと通り見るだけでも相当時間がかかるそうだから、あまりゆっくりも出来ないので、近くに止まっていたタクシーに飛び乗った。NT$120(300円くらい)ほど要した。

 故宮はさすがに台北に来れば誰もが必ず訪れるところだから、人でごった返している。その割にはどれを見ても変わり映えがせず、印象に乏しいと感じるのは自分だけなのカナ?1時間半くらいで取り敢えずひと回りしてしまった。

 帰りのバスはちょっと失敗した。降りるときには、下車鈴を押さないと止まってくれないのだが、どのあたりでブザーを押したらいいかわからず、まあそれでもMRTの駅だから誰かが押して降りるだろう、とタカを括っていたら、誰も降りる者がいなかったようで、そのまま駅前を通過してしまった。慌てて次の停留所で降りたが、駅まで1kmくらい歩かされてしまった。さて、時間もまだ4時頃だし、どこへ行くかな。

|

« 第393話 大渓 | Main | 第395話 カラスミ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/50701107

Listed below are links to weblogs that reference 第394話 台北のMRT:

« 第393話 大渓 | Main | 第395話 カラスミ »