« 第395話 カラスミ | Main | 第397話 九分 »

February 11, 2011

第396話 平渓線

 今回、最も楽しみにしていたのが、平渓線に乗ることだ。十数キロの短い区間を40分近くかけて走るローカル線だ。途中では車窓から渓谷の風景が広がる楽しい旅である。はずであったのだが、昨日と同様に今日も朝から雨。

 瑞芳までの台鉄の切符は、昨夜のうちに台北駅で指定席の特急も手配しておいた。45分くらいの乗車でNT$78だからヒジョーに安い。瑞芳では駅のホームの端っこで平渓線の切符を売っているが、平日だからか、あまり乗る人はいないようで拍子抜けでもある。さて、NT$14で1日券を買って電車(と言ってもディーゼルだが)を待つ。やってきた車両は全く味気ないほどのごく普通の車両だ。3両編成だが、乗客は全部合わせても10人程度。殆どが地元の人のようで、観光客らしき人はこの車両では見当たらなかった。

 平渓線が本線と分かれたあたりから、俄然風景が変わってくる。ちょうど青梅線が二俣尾を過ぎたあたりのような景色をもう少し雄大にしたような風景が右に左にと広がる。次の大華駅で降りて十分瀑布まで歩いて行くことも考えたが、このうすら寒い雨ではその気にもならず、ここは通過。

 一番のハイライトは次の十分の駅付近の風情だ。観光でこの電車に乗って、ここで降りない人はいないだろう。ちょうど江ノ電が人んちの軒先をこすって走るような、そんなレトロな風景だ。線路の上さえも生活空間になっていて、電車が走っていない時間帯は、全くアズ・ユー・ライクな感じ。

 普段は何の儀式でやるのか??だが、線路の上で赤いバルーンのような提灯のようなものを飛ばそうとしている人達を見かけた。火をつけて、風船の中が暫くして暖まるとやがて上昇していく。空が青ければなかなか見応えがありそうだ。火が消えればどこかに落ちてゆくのだろうけど、落ちてきた場所にしてみれば迷惑千万とも言える。Photo

 やがて電車がやってきた。人々はおもむろにその時だけ線路から離れる。

 平渓線はここから先は景色もやや単調になる。終点の青銅駅周辺もこれといったものは見当たらず、経済発展から取り残された寂れた駅前は見ようによっては風情がなくもない。

|

« 第395話 カラスミ | Main | 第397話 九分 »

Comments

I used to be able to find good information from your blog posts.

Posted by: best dating sites | December 21, 2014 at 03:56 AM

There's definately a lot to know about this subject. I love all of the points you've made.

Posted by: best dating sites | January 08, 2015 at 01:32 PM

Good day! This is kind of off topic but I need some help from an established blog. Is it very hard to set up your own blog? I'm not very techincal but I can figure things out pretty quick. I'm thinking about creating my own but I'm not sure where to begin. Do you have any ideas or suggestions? Many thanks

Posted by: best dating sites | January 26, 2015 at 12:59 PM

Hi there i am kavin, its my first occasion to commenting anyplace, when i read this article i thought i could also make comment due to this good paragraph.

Posted by: match.com | April 07, 2015 at 03:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/50838130

Listed below are links to weblogs that reference 第396話 平渓線:

« 第395話 カラスミ | Main | 第397話 九分 »