« 第403話 モスタル(2) | Main | 第405話 ドゥブロブニク »

March 30, 2011

第404話 国境超え

 今日はまたバスの旅。朝は厭でも早起きをさせられる。なぜならボスニアは人口の半分はモスレム。イエメンでも毎朝聞かされたアザーンがここでもあるからだ。昨夜は早いうちからコックリ眠ってしまったから、まあちょうどいい。

 外に出たがやはり寒い。東京の2月中旬くらいの寒さだ。昨日歩かなかった新市街を歩く。サラエボでも見かけた日の丸ペイントのバスはここの方が多い。無償の現物寄付と思うが、こういうものを見ると日本人であることを柄にもなく誇らしく思う。

 宿で朝食の際、親切なオーナーは薪ストーブにこれでもかというくらい薪を入れていた。パンにつけるパテは昨年スペインで食べたものと味が違う。オーナーは鶏肉のペーストだと言っていた。そりゃここではポークのペーストは出せんわな。とても美味しい、と言ったらオーナー、痛く喜び、そこにあるもの全部持っていっていいよ、だと。5個ほど失敬したが、これは明日以降ちょっと役に立った。

 さてバスターミナルから今日はクロアチアのドゥブロブニクへ移動だ。タバコの煙でヒジョーに煙たいターミナルでチケットを買い、30分定刻より遅れてやって来た2階建バスはガラガラ。オフシーズンとは言え、これでやっていけるのかな?

 1時間ほどでクロアチアとの国境に到着。ここで書類審査となり、これでもか、というくらい太ったおばちゃんが乗り込んできて、無愛想にパスポートを出せという。彼女はこちらに一瞥をくれただけで、スタンプを押した。そのスタンプのインクが劣悪なのか、パスポートのそのページ全体が黒く滲んでしまった。Photo

 実を言うと、陸路で国境を超えるというのは初めての経験で、多少は緊張したつもりだったが、あっけなく手続きは終わり、まるで高速道路の料金所を通過するみたいにバスはいともたやすくゲートを通過した。さあ、ここからはクロアチアだ。

|

« 第403話 モスタル(2) | Main | 第405話 ドゥブロブニク »

Comments

I can see you are an expert at your field! I am launching a site soon, and your facts will probably be incredibly fascinating for me.. Thanks for all your support and wishing you all the success.

Posted by: what happened to limewire | April 14, 2011 at 12:49 PM

Thank you for your comment. Have a good day friend!

Posted by: 富嶽庵 | April 17, 2011 at 02:22 PM

Pretty! This has been a really wonderful post. Thank you for supplying these details.

Posted by: 1997 ford explorer | June 21, 2014 at 07:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/51258819

Listed below are links to weblogs that reference 第404話 国境超え:

« 第403話 モスタル(2) | Main | 第405話 ドゥブロブニク »