« 第407話 ザグレブ | Main | 第409話 ビエンチャン »

April 29, 2011

第408話 白タク?

 市内に出るときはどのバスに乗ってもザグレブの中央駅に出るからいいけど、帰りは乗るバスを間違えるとトンデモない目にあう。ホテルでは何番系統のバスに乗れば戻れるか尋ねた。フロントの女性は親切で、降りるバス停の名前も書いてくれた。そして、乗ったらこのメモを運転手に渡せと。

 それでも夜ともなれば辺りの景色も分らず、まだかまだかと不安が募ってくる。でも運転手は忘れてはいなかった。20分ほどで停留所に停まったところで、こちらを振り向いて「ここだよ」と合図してくれた。

 さて翌早朝、今度はいよいよ帰国の為の移動だ。この時間バスはないからまたタクシーとなる。また2000円くらいかかるのか、こんなことなら多少遠くても市内に泊まってエアポートバスで移動した方が結果安上がりだったな、などと思いつつロビーでタクシーの到着を待つ。10分ほどでフロント女性から「来ましたよ」と声がかかった。が、外に出てもそれらしいクルマは見当たらない。一人のおばさんがクルマの中を掃除しているくらいだ。中に戻って「タクシー見当たりません」と言うと、さっきのおばさんが入ってきてこっちこっちと手招きしている。

 どうやら白タクのようだ。こうなるとメーターがない分いくら取られるか分ったものでない。空港までいくらだ?と聞いても通じない。おばさんは愛想よく荷物をトランクに入れ、もう発車態勢。えーい、こうなったら、往きより高い金額はゼッタイに払わんぞ、と腹を決める。おばさんは分らない言葉でナンダカンダ話しかけてくる。外を見ればようやく空も白みかけてきているが、そんな光景より、着いたときにどう交渉するか、で頭は一杯だ。

 やがてディパーチャーエリアに到着。さあ、書いてみろ、と言わんばかりにおばさんに紙とペンを渡す。彼女は70と書いて見せた。およよ、なーんだ、取り越し苦労だったじゃないの。1200円くらいだ。そうだよ、ここにはそんな悪い人はいないよ、などとさっきまでの人間不信は都合良くどこかに行ってしまった。終わりよければすべてよしというが、おばさん、疑ったりしてゴメンナサイ。Photo

|

« 第407話 ザグレブ | Main | 第409話 ビエンチャン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/51524230

Listed below are links to weblogs that reference 第408話 白タク?:

« 第407話 ザグレブ | Main | 第409話 ビエンチャン »