« 第412話 ルアンパバーン | Main | 第414話 托鉢 »

May 31, 2011

第413話 バケイション

 ルアンパバーンは世界遺産の町とは言っても旅行者が集まるエリアはだいたい限られている。だから、ミニバスで一緒だったマレーシア人男性とドイツ人女性ともメコンの川べりを夕暮れ時に散歩していたら、いとも簡単にパッタリ出会ってしまった。て、いうか、何でこの二人一緒にいるんだ?? まあ、いいや。一緒にディナーにしないか?というので、そうすることにした。

 マレーシア男性はアルコールはいいのかな?あまり強くはないようだがビアラオ大瓶1本くらいは飲んだから、モスレムではないのかな。ドイツ女性はさすがにビールはカポカポ飲んでいた。こういう時の会話は互いに、何処から来て何処に行くのか?とか、あそこは良かったとか良くなかったとか、大体そんな感じだ。マレーシア男性はバンコク→ビエンチャン→バンビエン→ルアンパバンとやってきて2日後に再びバスでチェンマイへ行くと言っていた。ドイツ女性はラオスに来る前にオーストラリアに滞在していて、この後何処に行くか、まだ決めていないと言っていた。

 まあ、あまり内容のない話でそれはそれで“国際親善”で良かったのだが、ドイツ女の一言は日本人を大いに傷つけるに足りた。要はこんなこと。彼らはそれぞれ2~3週間のバケイションであるが、こちらは1週間が目一杯の休暇だ。カルメン(ドイツ女)曰く「オンリーワンウィ~ク?そんなのはバケイションとは言わないよ~~」だってさ。Dsc_0101

(悪かったな、俺たちのバケイションはせいぜい1週間だよっ、俺たちはどうせウサギ小屋に住んでんだよっ、庭だって猫の額くらいしかないんだよっ、悪かったね!pout )

 ところでヤップ(マレーシア)とカルメンは同じゲストハウスに滞在している、と言っていた。勝手にしろ。 <写真の手前から右3人は途中でテーブルに合流してきた日本人旅行者>

 

|

« 第412話 ルアンパバーン | Main | 第414話 托鉢 »

Comments

独逸のビジネスマン・サラリーマンもみんな続けて2~3週間もバケイションとるんでしょうかね??毎年ならギャフン!!それだけの期間を観光・滞在にあてたら、出費だけでも大変な額になると思いますが。
ジャポンなら3週間ぶりに出社しても、机は無くなってますね、確実に。

Posted by: 旧エゾシカ | May 31, 2011 at 03:16 PM

2~3週間の滞在でも彼らの出費は大したことありません。何しろ徹底的に安い宿に泊まります。アノ2人は確か$7の部屋に泊まっている、と言ってました。
実は、2週間休むと日本では机と椅子が無くなっている、と話したら、周囲のテーブルの欧米人からも大爆笑となり、みんなの注目を浴びてしまいました!

Posted by: 富嶽庵 | May 31, 2011 at 11:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/51817086

Listed below are links to weblogs that reference 第413話 バケイション:

« 第412話 ルアンパバーン | Main | 第414話 托鉢 »