« 第420話 WIFI繋がった | Main | 第422話 日本一の“辛い”駅 »

July 06, 2011

第421話 株主総会の渡り鳥

 株主総会のシーズンも終わった。いくつか保有している会社のうち2,3社程度はこの時期に見に行っている。まあ、特に発言することもないが。昔と違って総会屋でなく、一般株主の質問も最近は多く、皆さんよく研究している。

 ある海運会社の総会では、社員のサクラ質問と思われる質疑ではスラスラ答弁していた役員が、一般株主の極めて善良なる質問に全く答えられず、役員は後ろを向いたり横に聞いたり、オロオロするばかり、という光景も見た。

 ある電線系の会社の場合、子会社の社員が株主として参加していて、親会社の社長(議長)に向かって「答弁に謙虚さが足らない」などと吠えていたが、あの社員、大丈夫なのかねえ。あれで。

 株主の側にもいろいろだ。自分はだいたい定刻の数分前に会場に到着するが、駅から会場に向かう途中で、その会社の手土産を持った人と何人もすれ違う。彼らは議決権行使書を提出して、土産を受け取り、そのまま別の会社の総会に向かう。そこでまた同様に書面を提出、土産をゲットしてまた別の会社に向かうのだ。大体どこも都内のホテルで開催しているから、そんなことも可能な訳だ。

 ある非鉄金属系の会社は椿山荘で総会後に軽食付きの株主懇親会が開催される。そうなると、そうやってグルグル総会場を渡り歩いてくる人達は、そういう懇親会付きの総会には一番最後にやってくる(最初にそこを訪れたら、エサにありつけないからね)。だからその会社の総会は、11時を過ぎて、もうじき総会も終わろうかというのに、次々と手提げ袋をいくつも抱えた株主がやってくる。

 すごいおばさんも見た。懇親会といってもちらし寿司とサンドウィッチくらいなのだが、タッパーを持参していて、食べ物を臆することもなく放りこんでいる。昼食だけにとどまらず、晩御飯までゲットしようとする逞しさ。これは蔑むべきか、見習うべきか…。

|

« 第420話 WIFI繋がった | Main | 第422話 日本一の“辛い”駅 »

Comments

親会社の社長(議長)に向かって「答弁に謙虚さが足らない」などと吠えていたが、あの社員
>>>>これは笑えます。

これは蔑むべきか、見習うべきか…。
>>>>見習うべきでしょうね。タッパーができるだけ多く入る登山用ザックを背負って行かれるのが賢明かと存じます。

Posted by: 旧エゾシカ | July 06, 2011 at 08:21 PM

タッパーのおばさんは毎年来ているのだろうと推察しました。多分来年も同じことをやっているような気がします。

Posted by: 富嶽庵 | July 06, 2011 at 11:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/52135717

Listed below are links to weblogs that reference 第421話 株主総会の渡り鳥:

« 第420話 WIFI繋がった | Main | 第422話 日本一の“辛い”駅 »