« 第428話 日本版クラブメンタリティ | Main | 第430話 イエメンその後 »

September 12, 2011

第429話 WIN5

 JRAの馬券投票で、5つの指定レースの1着馬を全て当てるというWIN5に初めてチャレンジ。大体において、宝くじでさえここ数年買ったことがない。あんなものに当たる確率よりも交通事故にでも遭遇して死ぬ確率のほうが断然高いわけだから、当たるはずがない、という思い込みからだ。

 だが、今回はチト状況が違う。何しろ前の週までのキャリーオーバーが8億円分もあるという。これは勿論全て他人の金なのだが、合法的に他人のカネを頂戴できるなんて、何て素晴らしいのだろう。勿論“当たれば”だけど。

 今までの配当もざっと見て平均して1000倍以上はある。多いときには100円で1億4千万円なんてのもある。宝くじは購入総額の60%を持っていかれてしまうが、競馬は25%しか抜かれない。宝くじなんぞより遥かに分のいい“投資”なのだ。

 でもって、50通りほど各100円(せこい)投票し、最初の指定レース、阪神10レースを心静かに待つ。小生の買ったサンライズモールはラストで追い込むも及ばず3着。とほほ…。

 ここから先のレースは見ていて何とつまらなかったことか。この先、仮にいくつかのレースでアタマが当たっても、何の足しにもならないからである。

 大体において、数万通りとか、数十万通りとか、それ以上の組合せがある中で50通りで当てよう、などというのは、砂漠で米粒を探すようなものだ。もう金輪際やらないぞ!と今のところは?思っているが…。 因みに今回の配当は約1万倍。

|

« 第428話 日本版クラブメンタリティ | Main | 第430話 イエメンその後 »

Comments

競馬も馬連くらいまでは当てるつもりで買えますが、WIN5はもはや‘夢’を買うような感じですね。
私もJリーグが好きなので、勝敗予想をしてtotoを何度か買ったことがあるのですが、全くかすりもしませんでした。アホらしくなって止めました。
6億円のロト6などは予想も必要ない、宝くじと同じシステム・内容だったので、買いもしませんでした。

Posted by: 旧エゾシカ | September 12, 2011 at 05:06 PM

大の競馬ファンとして知られるタレント、安田美沙子(29)が11日、JRA(日本中央競馬会)の指定した5Rの1着すべてを的中させる新馬券「WIN5」を予想し、見事的中させたことが分かった。この日付のブログにWIN5の288通りの馬券予想を掲載。この通り買っていれば、2万8800円使って、100万8010円を手にしたことになる。(サンケイスポーツ)

Posted by: 旧エゾシカ。追加。 | September 12, 2011 at 05:38 PM

もう買う気はしませんが、キャリーオーバーがあれば…。

Posted by: 富嶽庵 | September 13, 2011 at 07:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/52710306

Listed below are links to weblogs that reference 第429話 WIN5:

« 第428話 日本版クラブメンタリティ | Main | 第430話 イエメンその後 »