« 第431話 交通安全週間 | Main | 第433話 とうとう見た! »

October 11, 2011

第432話 決断できない日本

Dsc_0011  ケビン・メア氏の「決断できない日本」を読んだ。日本人にしてみれば何とも情けないタイトルだが、例の“沖縄はゆすりの名人”という「発言(した?)」がなければ、氏はまだ国務省日本部長を辞めさせられることもなかっただろうから、この著作は登場しなかった、ということになる。

 まず、発言の真偽については、氏によれば全くのデッチ上げということである。左翼思想の記者と同じく左翼思想の在米女性弁護士がタッグを組んで、既定の記事のアリバイ作りの為に、その言質を取るために無理やり面談までもさせられた、ということだそうだ。多くの日本人は未だにアノ発言はあったものとして思い込んでいるから、ペンの力とは恐ろしい。関係者には常に客観的事実に基づいて行動してもらいたいものだ。

 それ以外の記述では、日本の政治家の資質に対する辛口の論調が目立つが、頷かざるを得ないことばかり。今にして思えば、戦後のリーダーたちは優秀だった。でもよく言われるのはそれも中曽根まで。特にここ数年はリーダーはもとより、国会議員の質の劣化が惨憺たる状況。しかし、ロクでもない政治家の名前をわざわざ投票用紙に書いているのは国民なのだから、困ったことだ。

|

« 第431話 交通安全週間 | Main | 第433話 とうとう見た! »

Comments

国家は、その国民(性)以上の政治家を持てない・・・というような言葉があったように思います。
政治家がロクでもないのは、国民がロクでもないから・・・と近くの住民を見て頷ける面もあります。
やはり日本は役人天国。小利口な官僚たちの高笑いが聞こえてきそうですな。

Posted by: 旧エゾシカ | October 11, 2011 at 05:19 PM

最近の国会議員はプロレスラーやニートやらフリーターまで紛れ込んで、市議会議員でも落選しそうなのが何故か当選。誰が投票したんだよっ。と言いたいです。

Posted by: 富嶽庵 | October 11, 2011 at 11:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/52964749

Listed below are links to weblogs that reference 第432話 決断できない日本:

« 第431話 交通安全週間 | Main | 第433話 とうとう見た! »