« 第456話 キリングフィールド | Main | 第458話 早寝早起き »

April 19, 2012

第457話 ホーチミン

 ベトナム航空の帰り便は真夜中発なので、数時間というヒジョーに半端な空き時間ができてしまう。プノンペンからやってきて2時過ぎに着くから、10時間近くどこかで時間を潰さなければいけない。時間的に市内をプラプラするくらいしかできないし、3年ほど前に市内は結構歩いたから、あまりモチベーションが上がらない。

 結局、まずはベンタインの市場に向かったが、土産類はあらかた買ってしまったので、ただ見てるだけ、である。M氏ももう買い物には飽き飽きしているようなので、安宿街の辺りに向かう。その辺りは、さすがにバックパッカーの集積地といった雰囲気が漂っている。木陰でビールを飲む。

 通りを眺めているうちに気付いたのだが、ここホーチミンの3年前と云ったら、もの凄いオートバイの数に圧倒されたものだが、クルマが増えてきたと見え、オートバイの数は減ってきているように見える。それでもまだかなりの数だけど。

 ドンコイ通りをブラブラ歩き、サイゴン川辺りを歩こうと大通りを渡ろうとするが、信号もないし、こりゃどうしたものかと思案していると、道路横断案内人とでも言うべき人が現れて、彼が道路に出て、手を拡げ体を張ってクルマを止めてくれた。これは3年前には見なかったサービスだが、そんな人海戦術より信号機を付けたほうが良いように思えるのだが…。Photo

 さて、最後の夜はやはり春巻きとビール、〆にフォーで食うだけ食ったし、そろそろ空港に戻るか。えーと、タクシーは…と探すまでもなく、停まっていたタクシーの運ちゃんから声を掛けられる。20万ドンというのでちょっと高いが、まあいいだろう。で、問題は降りるときである。運ちゃんは何と「1人20万ドンだから、2人で40万ドンだ」などと言い出した。(プッツン!) これ以上ないくらいデカイ声で『フ・ザ・ケ・ル・ナ !』と運転手の顔を睨みつけて怒鳴り、降りてからもドアが壊れるくらいバタンッと閉めてやった。これくらいやると運転手も怯むようだ。M氏も「おい、すげえ形相だったぞ~」だって。

|

« 第456話 キリングフィールド | Main | 第458話 早寝早起き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/54509838

Listed below are links to weblogs that reference 第457話 ホーチミン:

« 第456話 キリングフィールド | Main | 第458話 早寝早起き »