« 第475話 ボルブドゥール(2) | Main | 第477話 ナシゴレン »

December 23, 2012

第476話 ベチャ

 ジョグジャカルタでは、流しのタクシーは少ない。市街地はそれほど広範囲ではないが、すべて徒歩、というのはちょっとキツイ。何しろ暑い、というのもある。

 歩いていると、乗らないか?と、いたるところから声をかけられる。ベチャという自転車の後ろに客席のついた“自転車タクシー”だ。当然、値段は取りあえずは吹っかけてくる。だいたい1kmくらいの距離で50円なら良心的なようだ。

Photo


 メインストリートはかなり多くの人でごった返している。特に道路の両脇は屋台風の商店や食堂で占領されていて、サッサと歩くのは困難だ。まあ、こっちも日常的な光景をのんびり見ながら歩くつもりだ。

 どうも気になっていたのだが、天ぷらのような、さつま揚げのような、屋台で揚げてるシロモノ、買ってみた。ひとつ1,000ルピアだから、9円くらいだ。まあ、多少脂っこいのは覚悟のうえだが、そんなに悪くない。2つ食べたら、それだけでその日は昼飯になってしまった。

 中心地からゲストハウスまでは3km以上ある。さて帰りのベチャ、いくらで交渉するかな。人の良さそうな爺さんを見つけたので、いくらで行くか尋ねた。爺さんは20000という。冗談じゃない、と手を振ってその場を離れようとすると、15000でどうだ、と値下げしてきた。10000なら乗る、と言うとよほどお茶を引いていたらしく、渋々OKとなった。

 いざ乗ってみると、途中にちょっとした上り坂もあって、気の毒なくらい爺さんは必至でペダルを回している。90円で乗せろと言った自分は悪いやっちゃ、と反省気分にさせられる。2千ほど足して12000ルピア渡した。そうでもしないと後味が何ともよろしくない。爺さん、悪かったね。

|

« 第475話 ボルブドゥール(2) | Main | 第477話 ナシゴレン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/56378002

Listed below are links to weblogs that reference 第476話 ベチャ:

« 第475話 ボルブドゥール(2) | Main | 第477話 ナシゴレン »