« 第487話 太魯閣ツアー(2) | Main | 第489話 寂しい山陰“本”線 »

June 02, 2013

第488話 瑞芳 乗り鉄

 台北近郊で人気のあるスポットのひとつが九分(正しくは分の字の左にイがついている)。花蓮から台北に戻る途中に立ち寄った。最寄りの駅、瑞芳は特急停車駅だ。この駅にはコインロッカーがあるので(いくらだったか忘れたが、かなり安かったと記憶)、重たい荷物を預けて身軽に訪れることができる。

 バス乗り場がごちゃごちゃしてわかりにくい。しかも臨時に離れたところに乗り場が移動していて、2年前に訪れたときとは様子が違っていた。

Photo


 山の斜面に張りついた観光地の風情は前回とは全く変わっていなかった。違うのは前回来たときは雨だったのが、今回は天気も良く、茶屋で眺めを俯瞰しながら美味しくコーヒーを楽しめた(ショバ代とはいえ、ちょっと高過ぎ…)。

 2度目なのでそれ以上の感慨はなく、腹も減ってきたのでまたバスで瑞芳駅に向かう(バス賃は45円くらい)。駅前の大衆食堂で牛肉飯とスープ(200円くらい)といういつも通りチープな昼飯を掻き込む。安いけど、美味しい。

Photo_2


 瑞芳駅のホームでボケッと座っていると、向かいのホームには次から次へと人がやってきて、溢れんばかりだ。そのホームからは平渓線という名物のローカル線が出ている。自分も2年前に乗ったが、こんなに人はいなかったぞ。

 台湾にもついに乗り鉄ブーム到来か!

|

« 第487話 太魯閣ツアー(2) | Main | 第489話 寂しい山陰“本”線 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/57508273

Listed below are links to weblogs that reference 第488話 瑞芳 乗り鉄:

« 第487話 太魯閣ツアー(2) | Main | 第489話 寂しい山陰“本”線 »