« June 2013 | Main | August 2013 »

July 31, 2013

第490話 三江線

 今回の山陰地方の豪雨、他人事ではない。旅程が2日ずれていたら、モロにハマっていた。

 でも、穏やかな日に行かれるなら、山陰の山あい、日本の原風景が延々と見られるエリアだ。119kmを3時間40分もかけて走る。セッカチな人では乗っていられない路線だ。

 当然1両編成のワンマンカー。それでも乗客は多いときで10人くらい。江津ー三次を最後まで乗っていたのは、自分を含めて3人。夫々が、この三江線に乗ることを目的としていた。

Photo


 とにかく遅い。くねくね流れる中国地方最大の江の川に沿って走るから、なにしろカーブが多い。そしてカーブでは非常に遅い。フルマラソンのドンケツのランナーにも抜かれそうなスピードだ。途中、駅員がいた駅は2つか3つ。家が5~6軒あればそこに駅がある。

 パラパラと乗り降りする乗客。みんな限界集落のお年寄りばかり。不採算丸出しのこの路線はいずれ廃線の議論もあるだろう。そうなったらこの爺さん婆さんたち、どうなるのカナ。

 でも、こういう路線、嫌いじゃない。缶ビール片手に、景色に飽きたら文庫本を開き、そのうち居眠り。ストレスフリーの超鈍行の旅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2013

第489話 寂しい山陰“本”線

 青春18きっぷで中国地方をひと回り。

 岡山から米子に向かう伯備線。一応幹線扱いらしく、特急も走っている。総社を過ぎると山あいを縫うように走る。新見は一応は昔からの“市”だ。昼飯は下車して駅の近くの食堂で、と思っていたが、それらしき店は一切なし。コンビニさえもなく、図らずも昼飯は経費節減となった次第。

 ♫思~えば~遠~くへ来た~もんだ♫ 備中神代駅で特急の通過待ちをしているとき、鼻歌が出てしまった。駅前なのに祠ひとつない、そんな駅は拙宅のある山梨県でさえ無い。

 山陰線は侮れぬ。松江あたりでも線路は単線。県庁所在地で単線。ほかにあるだろうか。その線も出雲市を過ぎると、ついに車両も一両のワンマンカーになる。おいおい、山陰“本線”だろ?確かに1両でも立っている人はいない。それだけすいている。伯備線だって2両ついてたぞ。数年前乗った水郡線だって2両あったぞ。

Photo

 

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »