« 第501話 ネパール トイレの“紙さま” | Main | 第503話 カモられる日本人 »

February 23, 2014

第502話 ポカラ

 ひと言で言って、この町はネパールであってネパールでない。そこがフィリピンだと思わずにセブに来る人がいるように。

Photo


 何しろ、町が垢抜けしていて、ゴミゴミしているカトマンズとは大違いだ。明るく開放的な雰囲気があって、ホント、ここだけはネパールじゃないみたい。気候もマイルドで、1月末から2月中旬の滞在だったが、朝は肌寒いものの、昼間は半袖でも歩ける。カトマンズのような排気ガスと土埃では、散歩する気にもならないが、ここではそんなこともない。

 明るく開放的なカフェでは、朝から欧米人がボーっと座ってコーヒーをすすっている。1~2か月の長期滞在者も多いらしいが、それも合点が行く。宿泊したゲストハウスは1泊15ドルと、予算より高めだったが、部屋は広く、窓も広いので伸び伸びできるし、デッキに出ればフェワ湖やヒマラヤの高峰マチャプチャレを俯瞰できる。これなら原稿書きの環境にも悪くない。

 高いレストランに行かなければ、宿賃込みで1日3千円以内で滞在できるのだから、ここは別天地だな。

 

|

« 第501話 ネパール トイレの“紙さま” | Main | 第503話 カモられる日本人 »

Comments

I like what you guys tend to be up too. This type of clever work and reporting!
Keep up the wonderful works guys I've included you guys to my blogroll.

Posted by: http://drugstoredir2014.com/ | February 27, 2014 at 06:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/59184735

Listed below are links to weblogs that reference 第502話 ポカラ:

« 第501話 ネパール トイレの“紙さま” | Main | 第503話 カモられる日本人 »