« 第495話 カトマンズ 酷い空気 | Main | 第497話 カトマンズ交通マナー »

February 01, 2014

第496話 プロの乞食?(パタン)

 Photo_2


カトマンズから10km程度のところにパタンという古都があるので、気晴らしに行ってみた。きれいな町とは言えないが、騒々しいカトマンズにいるよりは多少なりとも落ち着く。

 いくつかの寺院を巡って2時間ほどブラブラし、バス乗り場に向かって歩いていたら、如何にも、といった身なりの女が地べたに座っている。そして女の横には、多分1歳前後だろうか、子どもが横たわっている。

 こういう時に近くに同類がいたら、絶対に恵んではいけない。私も、俺も、といって次々にやってくる。そう云うことはフィリピンで散々経験済みでだ。かと言って如何にも、見るに忍びない姿である。

 私は周囲を見回した。よしっ、誰もいない。なら良かろう。ポケットから20ルピー(22円位)1枚を取り出し、彼女にやった。

 それから、3秒と経たなかったろう、子どもたちがあちらこちらからどっと繰り出して、こちらを目がけて走ってくる。10人位の餓鬼どもに取り囲まれるまで10秒はかからなかっただろう。シャツやカバンを引っ張って離さない。逃げるしかないのだが、餓鬼ども本気で力一杯引っ張っているぞ。

 200m位歩いて、ようやく解放されたが、ありゃ、後から思えば、子ども連れの女は撒き餌だな。物陰でじっと獲物が引っ掛かるのを身を潜めて見ていたのだろう。もう2度とあの町へは行かんぞ。パタンへは!

|

« 第495話 カトマンズ 酷い空気 | Main | 第497話 カトマンズ交通マナー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/59052016

Listed below are links to weblogs that reference 第496話 プロの乞食?(パタン):

« 第495話 カトマンズ 酷い空気 | Main | 第497話 カトマンズ交通マナー »