« April 2015 | Main | June 2015 »

May 31, 2015

第544話 ホイアンへ

 ダナンからホイアンへは30kmちょっとだそうである。人数がそろえば、タクシーを使ってもまあペイする、とは聞いていたが、一人や二人ならバスのほうがやはり安い。だが、それも交渉次第である。えっ? バスで交渉?? そうなのだ。ここではバスの乗車賃だって、かなりふっかけてくるのだ。

Photo


 停留所の目印がないから、そもそもバス乗り場がどこだか分からない。食堂のおばちゃんやらに尋ねて“大体そのへん”と言われるところで立っていたら、かなり年季の入った黄色いバスがやって来た。「ホイアン!?」と訊いてくるのでそうだ、というと乗るように車掌のおばちゃんが促した。

 初めて海外に出るような人なら、視覚的には乗りたくないし、座りたくない、そんな乗り物だ。乗客の中には動物くんなどだっているし、ビニールにくるまれた得体の知れないものもゴロゴロしている。つまり旅客兼物流のトラフィックなわけである。

 さて、車掌のおばちゃんがやってきた。バス賃の支払いである・・・・・・。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

May 05, 2015

第543話 ダナンのタクシー

 ベトナムでタクシーと言えば、ボッタクリが普通で、外国人が乗ってメーターで走ることはない、というのが今までの通説だし、ハノイやホーチミンで数年前に乗ったときもその通りだった。で、ここダナンはどうなのか、と言えば……。

 何と、ちゃんとどのタクシーもメーターで走るじゃないの! 運ちゃんもまずまず礼儀正しいし、車両もそれほどボロじゃない。 車体の色からして3つくらいのタクシー会社があるようだ。

 そうは言っても、やはり多少のズルをする運ちゃんも少なくない。遠回りをするのだ。ビミョーにばれない程度に。1メーターか2メーター分くらい余分に。人口80万人と言っても、繁華街はさして大きくない街だから、2日もいれば遠回りされるとすぐわかる。

 それでも目くじらを立てることはない。そういうときはチップを削るだけだから、こちらとしては出費は大体同じ、というわけなのである。

 それと、車体の大きさによって運賃体系がいくらか違うので、人数が少なければ、出来るだけ小さなクルマのタクシーを探すことだ。Photo

 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« April 2015 | Main | June 2015 »