« 第545話 プラハの両替では交渉が必要 | Main | 第547話 チェコ 短い青信号 »

November 29, 2015

第546話 元祖ピルゼンか バドワイザーか

Photo


 プラハから南西に、ミュンヘンに向かうユーロシティで約1時間半。プルゼニュという小さな街に着く。 ピルゼン発祥の地らしい。 勿論ビールの醸造所もある。

 街自体も古いチェコの良さを残しているが、ここをわざわざ訪れる人の目的は、ビール以外にはないだろう。

 ビールミュージアムもなかなか楽しい。 そして、グラス一杯のビール無料券を貰える。

 本場の元祖ピルゼン。 予想通りちょっとホロ苦い。昔なつかしいビール。 でもご当地で飲む本場の味覚と思えば、味わい深い。

 で、プラハに戻って、夕方にはバドワイザーを飲む。 これはこれで喉越しが冴えている。

 ほろ苦さの元祖ピルゼン VS 喉越しのバドワーザー  甲乙つけがたい。

|

« 第545話 プラハの両替では交渉が必要 | Main | 第547話 チェコ 短い青信号 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/62772449

Listed below are links to weblogs that reference 第546話 元祖ピルゼンか バドワイザーか:

« 第545話 プラハの両替では交渉が必要 | Main | 第547話 チェコ 短い青信号 »