« 第560話 激安 伊勢海老 | Main | 第562話 マヤ遺跡は疲れる »

March 22, 2016

第561話 えっ! 突然の時差の変更? (カンクン)

Photo


「地球の歩き方」は、バックパッカーにとってはバイブルとまでは言わないが、ひとたび旅に出れば、無いと困るアイテムである。記載されている少なくとも「基本情報」は“一応は”誰もが信頼している。 のだが、

 メキシコのカンクンから古都カンペチェに向かおうとして、前日にADOのバスターミナルでチケットを買った。朝8:30発の次は11:20発になっていた。カンペチェまで7~8時間かかるので、夜着いてからの宿探しはやりたくないので、値段は約700ペソと高いが、8時半発、軽食付きのデラックスバスの切符を買った。

 さて当日の朝、8:00には私はバスターミナルの待合室にいた。乗客の様子を見ているとほとんどのバスが遅延もなく順調なようだ。ふむ、メキシコのバス、なかなかちゃんとしとるな。

 で、8時半。あれっ? 乗るはずのバスが来ていない。でもまあ、多少の遅れはあるだろう。ここは日本じゃないのだから。

 8:50分。さすがに気になるので、近くの係員に尋ねた。もちろんメキシコでは平均的な人には英語は通じないから、チケットを見せて身振り手振りである。

 そのオジサンは、しばらくチケットを見てから「そのバスなら、もう行っちゃったよ」と言っているようだ。冗談じゃないよ。8時半のバスに乗るために、ここに8時から来て待っているのだ。僕は自分の腕時計を見せながらそう訴えた。

「あれ? あんたの時計間違ってるよ」みたいなことを言って館内の掛け時計を指さした。

 え~?? 僕の時計が1時間遅れているって~?? そんな馬鹿な。ハバナからカンクンについたときに時刻を間違いなく“セントラルメキシコ”に合わせたはずだ。それが何故??

 とにかく押し問答しても行ってしまったバスは戻ってこない。オジサンは「切符売り場に行け」みたいなことを言っている。

 負けたときの高見盛のように僕はトボトボとチケットの窓口に向かった。

 どうやら、昨年2月からこのエリアだけ時差を1時間早めたということらしい。……。知らなかった。時差なんてそうちょくちょく変わる筈はない(サマータイムを除いて)のだが「地球の歩き方」最新版にだってそんな変更は書いてなかった。くそ~、バス賃がダブルでかかってしまった。おまけにカンペチェに着いてから、夜の宿探しになってしまったじゃないか。

|

« 第560話 激安 伊勢海老 | Main | 第562話 マヤ遺跡は疲れる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91498/63382239

Listed below are links to weblogs that reference 第561話 えっ! 突然の時差の変更? (カンクン):

« 第560話 激安 伊勢海老 | Main | 第562話 マヤ遺跡は疲れる »