« May 2016 | Main

August 13, 2016

第568話 こりゃ赤痢か??(ミャンマー編)

 マンダレーに着いたときは、一睡もしていないのだから、それはもうクタクタで目眩もひどかった。 が、、そのときは、体調不良は100%睡眠不足のせいだと思っていた。

 駅を出て手頃な宿を見つけ、部屋のベッドでゴロンとしていたら、どうにも腹具合がよろしくない。 で、トイレに入ると、それはもう酷い下痢で。 少し固形物が出たあとは、ほとんどオシッコがケツから飛び散るように排出される。
 これで気がついた。同じような症状を15年くらい前にフィリピンで経験していたのだ。あのときは医者からアメーバだと言われた。 微熱と倦怠感、猛烈な下痢。あのときとまるで同じである。
Photo  原因は大よそ思い当たるフシがあった。ヤンゴンの路上の串揚げ屋台。魚のすり身のようなボールを揚げてその場で食べる。これが案外おいしく、何度か食べたのだが、食べたときに揚げ方が充分でなかったのか、ちょっと温いなと感じたことがあったのだ。 多分、原因はそれのような気がする。
 うーん、こりゃ参った。もしそうなら、数日間はこの状態で悶々とせねばならん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2016

第567話 うーっ、ミャンマーの鉄道は……

 

Photo_3 あまり乗り心地は良くないと聞いてはいたのだが……。

 ヤンゴンからマンダレーまでの移動、バスか鉄道かどっちにするか迷ったが、1等車に乗っても鉄道の方が安いし、少なくとも座席がゆったりしているらしいので夜行列車で移動することにした。
 17時。ほぼ定時にヤンゴン駅を出発。左へのカーブが続くので、線路を擦るような音が暫く続く。うるさいけど、クーラーは無いから窓を締めることもできない。
 夕景を眺めて缶ビールを飲んでいるうちは良かった。車窓からの長閑な風景も、まさにアジア的で旅の気分も満たされる。 が、、、
 さて、ひと眠りしようとリクライニングを倒してみたら、起こしている間はあまり気にならなかった揺れが尋常ではないのだ。ヤンゴンを出て暫くして線路の直線部分が長くなってくると、それなりにスピードも出すので、縦揺れ、横揺れ、これが半端じゃない。
 やがて揺れはいよいよ酷くなり、まるでトランポリンのように体が座席からジャンプするようになってきた。多分、5cm以上は飛んでいる。嘘だと思うなら乗ってみるがよい。掛けていたメガネが弾みで通路に飛んでしまい、そこをスナックの売り子が通り、メガネは踏みつけられてしまい、フレームが歪んでしまった。
 音も凄い。客車とデッキとの間の扉は、すっかりバカになっていて、列車が揺れるたびに、ガッシャーン!!。
 それでも後ろの席のインド人っぽいオバサンは鼾をかいて寝ていたのには驚いた。
結局翌朝8時にマンダレーに着くまで、1分間も眠ることができなかった。
 もう、ミャンマーで鉄道に乗るのはこりごりである。(因みにヤンゴン~マンダレー、約650kmで、900円くらいだった)
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2016 | Main